外務委員会条約質疑、そして明日も外務委員会質疑

4月17日の衆議院外務委員会では、燃料油汚染損害民事責任条約、難破物除去ナイロビ条約締結について質疑でした。

2002年の茨城県日立港沖での北朝鮮船チルソン号の座礁事故で、
茨城県が約5億円という多額の費用を負担して、燃料油の防除対策や船舶の撤去を行いました。
これは船主が適切な保険に入っていなかったからであります。

この事故をきっかけに2004年の船舶油濁汚染損害賠償法が改正されました。

今回の、国会での承認対象となる2つの条約では、保険の加入義務付けに加え、
保険者への直接請求が可能となるということで、
被害者保護が大きく前進する重要な条約であり、賛成の立場から質問を致しました。

さて、4月24日の衆議院外務委員会の質疑当番ですので、引き続き鋭意準備中です。
もともとは4/12の外務委員会で質問予定だった項目を明日尋ねる予定です。
(4/12未明にWTO判決が出たため、急遽、質疑内容を変更し、当初予定の質問を延期しておりました。)

茨城空港支援、カスタマーハラスメント対策についての政府の対応見解、
北方四島の元島民へのメッセージを伺い、
WTO判決への政府対応の最新状況を尋ねる予定です。

(写真は4月17日の外務委員会の青山)



◇はじめて青山やまとブログへ訪問された方へのご案内はこちら。◇  

財務金融委員会で麻生大臣へ問う

4月16日の財務金融委員会では久々に麻生財務大臣と議論を交わしました。翌朝17日の茨城新聞にその一部が掲載されています。
今回質問した内容は以下のとおりです。

(1)4月9日に発表した紙幣と五百円硬貨の刷新について
①新紙幣の図柄(掲載される人物)の選定過程
②なぜこのタイミングに刷新するのか? その必要性、紙幣を変更する理由
③政府が進めるキャッシュレス推進政策との整合性

(2)領収証に貼る印紙税の必要性(そろそろ廃止すべき)

(3)2月に生保各社が販売自粛を始めた法人定期保険について
①付加保険料について事後モニタリングに移行した経緯
②パブリックコメントに関し今後のタイムスケジュールの確認及び既契約者の取扱い(遡及無し)の確認

余談ですが、私の前の議員に対して榊さん(前茨城県副知事)が答弁する姿(写真右下)を見て、茨城県議会時代を思い出しました。


◇はじめて青山やまとブログへ訪問された方へのご案内はこちら。◇  

外務委員会再び WTOに関して質疑

4月12日未明、WTO(世界貿易機関)は韓国による茨城県を含む8県の水産物の輸入禁止措置を不当とした一審の決定を上級委員会(最終審)で取り消したと発表しました。
そこで同12日の外務委員会にて詳細な説明を求めました。

あくまでWTO上級委員会は8県産の食品の安全性について、一審での判断を変更していないとのことです。つまり8県産食品は科学的に安全で韓国の安全基準をクリアするとの一審の事実認定は維持されているとのことでした。いずれにせよ、今後の日本の戦略に少なからず影響を与える結果です。


◇はじめて青山やまとブログへ訪問された方へのご案内はこちら。◇  

科技特委でつくば環境研を応援 非正規雇用人材の身分保障訴え

4月11日は衆議院科学技術・イノベーション推進特別委員会にて質問を致しました。
因みに来週4月15日〜21日は科学技術週間です。つくば市にある多くの研究機関で様々なイベントも開催されます。是非、お勧めです

そこで今回は、つくば市小野崎にある国立環境研究所、JAXA、そして環境省が行なっている地球ガス観測衛星「いぶき」の活躍と将来を見据えた展開、地球規模で日本が温暖化ガス削減へリーダーシップを取るべき旨を提言しました。

さらに、研究所で働く研究者、非正規雇用の方たちの身分保障、研究施設の老朽化対策などを質問致しました。
大臣、副大臣とも、同じ方向性で課題の共有化が図られたと思います。

委員会の後はランチミーティング、衆議院本会議、
そして明日の外務委員会質疑の準備のために各省庁との議論を経て、急いで地元へ戻り、
青山もメンバーであるつくば市商工会青年部の総会・懇親会へ参加させて頂きました。


卒業生の先輩達には大変お世話になりました。ありがとうございました根本さん、2年間部長職お疲れ様でした。上野新部長、これからもご指導のほど宜しくお願い申し上げます。さて、明朝7時30分には国会にいなくてはいけないので、大事をとって今夜中につくばエクスプレスで再上京です。
(この記事は4/11の青山やまとFacebookにて掲載の記事をもとにしています。)

◇はじめて青山やまとブログへ訪問された方へのご案内はこちら。◇

  

外務委員会で質疑

4月10日の衆議院外務委員会にてフランス、カナダとのACSA締結の是非について議論を交わしました。

ACSAとは一般的に聞き慣れない言葉であります。要約すると、自衛隊と他国軍隊との間で物資や役務を融通しあうための協定のことです。具体的には食料、燃料、輸送、医療そして弾薬などを相互に提供する際に簡易に決済手続きができる取り決めのことです。

国連平和維持活動(PKO)や大規模災害の支援の場、共同訓練などでの協力を念頭におきながら、安全保障・防衛協力を円滑に進め、連携の実効性を高める狙いもあります。


1996年に米国と最初のACSA締結をし、民主党政権時代に米国以外とのACSA締結を進めてきましたが、当時は他国へ提供できる物品の中に「弾薬」は含まれていませんでした。これからも他国ACSA締結を進めていくべきと考えます。ただし、日本の専守防衛というスタイルから「弾薬の提供」は含めるべきではないという疑問を政府に投げかけ、議論を深めていきました。

正直「弾薬の提供」の是非について私自身、答えが出ていない分野であります。

◇はじめて青山やまとブログへ訪問された方へのご案内はこちら。◇  

QRコード
QRCODE
プロフィール
青山大人

【略歴】


  • 1979年1月茨城県土浦市生まれ

  • 荒川沖小学校、土浦第三中学校(陸上部主将)、県立土浦第一高校卒業(平9/第49回卒)

  • 慶應義塾大学経済学部卒業

  • 2006年27歳で茨城県議会議員初当選(10,905票、当時全国最年少の都道府県議会議員)

  • 2010年、茨城県議会議員2期目当選(13,290票・31歳)

  • 2014年、第47回衆議院議員総選挙において85,120票を獲得するが茨城県第6区、比例北関東ブロックともに次点

  • 2017年、第48回衆議院議員総選挙において96,987票を獲得するも茨城県第6区で次点、しかし比例北関東ブロックで当選

  • 第21回日米青年政治指導者交流プログラム日本代表

  • 土浦消防団第27分団員(平成20・21・23・25年度操法大会出場)


  • 【座右の銘】


    • 人事を尽くして天命を待つ

    【愛読書】


    • 吉川英治
      「三国志」

    • 司馬遼太郎
      「坂の上の雲」