常陸国総社宮例大祭(石岡のお祭り)が熱い

常陸国総社宮例大祭(石岡のお祭り)が先週末(9/15-17)開催されました。EU(欧州連合)大使館の方をお招きし、奉納相撲から獅子舞パレードまで、石岡のお祭りをPR。石岡の歴史と伝統を世界に発信です。

EU大使館の方からは、「山車、石岡の方のお祭りにかけるご尽力と熱狂的な様子に感激した。私の日本滞在中で、まちがいなくハイライトとなる思い出です」との感想を頂きました。石岡の皆様へこの声届けたいです。これからも地元文化を大切に、そして積極的に発信していきたいです。





  

茨城の物産店が銀座にリニューアルオープン!

10/25銀座1丁目に茨城の物産店「イバラキセンス」がリニューアルOPENします。お店のカフェスタンドでコーヒーのテイクアウトもできるそうです。秘書某は今年夏にうっかり訪れてしまい、リニューアル工事中の姿に愕然としました。営業再開が楽しみです。


  

茨城県は宇宙産業拠点★

突然ですが、茨城県は宇宙開発を応援しています。宇宙産業の今後の展開を期待し、県は財政支援等に取り組んでいます。青山も今年5月にはつくばのJAXAを視察しており、とても関心のある分野です。


つくば市には国の研究機関の他、約150の民間研究所、そしてベンチャー企業も数多く立ち上げられています。TXと茨城空港により都心、海外へのアクセスも向上しています。今回、県はベンチャー企業へのオフィス賃料補助、投資ファンド、研究支援等を通じ、茨城を宇宙ビジネス拠点としていくことを打ち出しました。

宇宙産業において、衛星データは災害予測の精度向上や、農作物の成育管理にも活用・応用されているそうです。
今なぜ宇宙なのか、いえいえ、これからこそが宇宙ではと思います。雇用の創出や、現状の環境等の問題解決につながるかもしれません。宇宙からでは視点も規模も違います。宇宙ベンチャー育成に向けて内閣府等も支援パッケージを用意しています。
  

8月の地元再発見!

8月は地元のお祭りが目白押しです。茨城南部の魅力を次々ご紹介していきます。
人とのかけがえのない出会いがいっぱいありました。地元の活力が清々しい瞬間がたくさんありました。
昨夜は、江戸時代から続く土浦市大畑での例祭。からかさ万灯という、五穀豊穣、天下泰平、家内安全を祈願し奉納される仕掛け花火が素晴らしかったです。昨日15日に天下泰平を祈願することの重さを改めて感じました。(写真は過去に参加した際のもの)




つくば市商工会青年部の納涼盆踊り大会も先週行われました。萩島実行委員長お疲れ様でした!


8/11に行われた有明フェスティバル@石岡です。ご存知ですか? 廃校となった有明中学校跡地で、おととしから開催されているお祭りです。今回逃したかたはぜひ来年お越しください!





  

今年もキララ祭り

台風が過ぎて、今は少し落ち着いています。
さて、先週土日は土浦キララ祭りでした。このお祭りはもともと七夕祭りでした。年々パワーアップしています。青山も参加しました。


祭りの後。また来年! 






  

各地で夏祭り

7/28は礎会で八坂神社の御神輿を担がせて頂きました。三週連続での御神輿です。雨ニモ負ケズ。夏ノ暑サニモ負ケヌ――。


7/29は石岡、つくば、つくばみらいの各イベントへお邪魔させて頂きました。


来週はいよいよキララ祭りです!


  

茨城から世界へ農作物を

「茨城県産」を世界に売り込め!とのタイトルで、JA全農ウイークリーに茨城県本部の記事が先日掲載されていました。タイの食品見本市にJAグループで唯一出展とのことです。関東平野の肥沃な土地、太平洋にも面した懐の広い茨城で育った農作物、全力で応援します。



  

夏祭り到来!

各地で夏祭りが開催されています。この週末、青山もたくさん参加させて頂きました。いやー、ほんとに日本の夏は暑い!です。
暑さも何のその、皆様の活気が溢れています。


第23回泳げる霞ヶ浦市民フェスティバルが開催されました。市村大会長、飯泉実行委員長はじめ関係者の皆さまお疲れ様でした。日本三大水天宮の一つである川口町水天宮の水神祭りの出発式もあり、祭りの合間に服を着替えてつくばみらい市のえびはら弘市議の市政報告会に参加したり、


それから、第1回霞ヶ浦トライアスロンフェスタが、9月23日(日)に開催されます。今年は土浦駅前でプレイアトレがオープン、そしてトライアスロンの大会まで行われることになりました。びっくり
まだエントリー可能とのことです。楽しみですね。


  

消防団大会&神社の茅の輪で一区切り

先週末、土浦市と石岡市で消防団ポンプ操法大会が行われました。実は消防団には大会があるのです。
暑い日差しの中、選手の皆さまはじめ各分団の皆さま本当にお疲れ様でした。
青山はこれまで2番員を3回、1番員と3番員を1回ずつ経験しましたが、引退までにもう一度選手をやってみたいです。


各神社では、茅の輪くぐりをしました。半年の汚れを落とし、後半も1日1日を大切にしながら活動していきます。
石岡の常陸国総社宮では八坂神社の御神輿も重なり、例年以上に大勢の方で賑わっていました。今年も例年通り、氏子ひたみち青年会のメンバーとしてご奉仕させて頂きました。


  

古民家を能舞台に

寒暖差が激しいですが、皆様風邪など引かれてませんか。
さて、なんと県議時代の自分がこちらの記事に登場しておりました(その名も「県議A」)。
覚えていて頂いて恐縮です。古民家再生保存プロジェクトで能舞台を作る試みです。
こういう試みが広がっていくと素晴らしいなと思います。

リンク先は古民家を能舞台に変えるためのファンディング記事のページです。
能の素人が企画した 能に親しむ会 をより楽しめる本格舞台に!

  

茨城県庁で浅田真央展

地元のお知らせです。茨城県庁25Fの展望ロビーで、6/8-6/17の間、浅田真央展が開催されます。
日本が誇る浅田真央さんの軌跡をぜひどうぞ。



  

台湾を結ぶ茨城空港を盛り上げよう!

5/28に台湾の要人をお迎えして、茨城南部をご案内しました。




3月から週に2回、茨城空港から台湾便が飛んでいます。搭乗率9割、そのほとんどが台湾からのお客様です。
まだまだ茨城空港台湾便の認知度が低いので、本日は台北駐日経済文化代表処の皆さま、タイガーエア台湾の皆さまと小美玉市の島田市長との意見交換を皮切りに県南の各地域を案内しました。


  

GW中の茨城再発見!(つづき)

GW中、各地をお訪ねしました。その記事の続きです。
つくば市北条商店街で開催された「北条市」は今回で43回目とのことで、歩行者天国の会場は大勢の皆さまで賑わっていました。

特に今回は、つくば市商工会青年部のメンバーとして、防災イベントの目玉であるバケツリレーにも選手として参加させて頂きました。12チーム中、惜しくも4位という結果でした。

演歌歌手の北条きよみさんの歌声を聴きながら、常陽銀行の前にこの春オープンしたばかりの釜揚げうどん屋でうどんを食べ(これがめっぽう美味しかった)、ウィーンフィルハーモニー管弦楽団のフルート奏者の演奏会も行われた宮清大蔵や、実業家「矢中龍次郎」の旧矢中邸(現在、矢中の杜)にも立ち寄りました。

「矢中の杜」の美しさには感動しました。
以前はただの空き家になり果てていたところを筑波大学の学生さんが綺麗にし、現在公開されている形になったそうです。(←写真左)

毎週土曜の11時〜16時に公開されているとのことです。
一見の価値あり。是非お勧めです。

歴史ある北条の街をゆっくり満喫させて頂きました。
まだまだ地元、茨城南部には素敵な場所があります。

そして連休最終日は、かすみがうら市スポーツレクレーション祭りです。
大勢の参加者で賑わっていました。かすみがうら市少林寺拳法の相談役として参加させて頂きましたが、ターゲットバードゴルフなど会場には子どもたちから大人まで参加できる競技がいくつもあり、自分も楽しみました。
  

TXを茨城空港まで

つくばエクスプレスの茨城空港までの延伸を目指す期成同盟会の設立総会が開催され参加しました。
小美玉、土浦、つくば、石岡、かすみがうら、鉾田、行方の7市議会の正副議長の皆さまが中心となって、このような会は結成された意義は重いです。延伸が実現すれば、沿線沿いの開発、経済活性化など、新たな可能性が広がると思われます。
当日の模様の動画がこちらでご覧になれます。(リンク先は茨城新聞ニュース動画です。別窓が開きます)
TX延伸、要望へ団結 7市議会が期成同盟会結成




  

地元の活力を再発見中です

ゴールデンウイーク中、数々の方面からお声がけを頂き、各地を回っております。
茨城再発見のことも多く、貴重な情報を住民の皆様とシェアしていければと思います。

4/29は、「つくばピンクリボンフェスティバル2018」へ乳がんと乳がん検診の新しい正しい知識を学びに行ってきました。①なぜ、乳がんが増えているの?②どうやって受ける?乳がん検診③妊娠期・授乳期と乳がんについての3つの講演をお隣りで、大会実行委員長の植野 映先生の解説を頂きながら聞かせていただきました。
食生活の変化が乳がんに影響、乳ガンのピークは40ー50代、国の目標は乳がん検診受診率50%だが実際にはまだまだ、その中でも茨城県は乳がん検診のレベルが高い。国の方で追いついていない、といった貴重なお話を伺うことができました。
こういったイベントは、人の健康、命、その人をめぐる家族等、とても大切なものを考えさせられます。イベントの効果が社会に浸透していくことを望みます。

 さて、5/1には、青山が会長を務める土浦ドッジボール協会主催の霞ヶ浦カップ小学生ドッジボール大会が開催されました。地元をはじめ県全域、県外からは千葉県鎌ケ谷、神奈川県横浜、相模原のチームにもご参加頂きました。新年度が始まり、新チームになってからの大きな大会です。今年一年も選手たちの成長が楽しみです。
また、毎年恒例の常陸國総社宮「お田植え祭」に参加して、今年も豊作となることを祈念しました。(→右写真)


こちらは、かすみがうら市水族館のリニューアルオープンです。さらに充実した内容となっています。ぜひ、足をお運びください!
















  

土浦つくば発、りんりんロードの名前が全国区に!

自転車活用推進議員連盟の総会が開かれました。つくば霞ヶ浦りんりんロードを日本一のサイクリングロードにすべく県議時代から取り組んできた青山にとって、昨年5月に自転車活用推進法が制定され、その基本計画を策定しているタイミングに衆議院議員として関われて幸せです。

4つの大きな目標(自転車交通の役割拡大による良好な都市環境の形成、サイクルスポーツの振興等による活力ある健康長寿社会の実現、サイクルツーリズムの推進による観光立国の実現、自転車事故のない安全で安心な社会の実現)と18の施策を明確にし必要な財政上の措置も行なって行くとのことです。

参考資料の中に、つくば霞ヶ浦りんりんロードの写真も載っています。
http://www.mlit.go.jp/road/ir/ir-council/bicycle-up/index.html


土浦駅にはサイクリングロードをサポートする施設、プレイアトレも先月末オープンしました。近々、宿泊施設もオープン予定で、土浦駅前の雰囲気が、またお洒落なものに変わりそうです。





  

桜まつり

先週末は地元各地で桜まつりでした。すでに葉桜になってしまっている場所も多かったですが、とても盛り上がっていました。 
桜まつりの合間で各地で国政報告会も行っております。国政報告会というとお堅いイメージですが雑談です。政治のことを身近に感じてもらえばと思います。 屋内、屋外問いません。4、5人でももちろんオッケーです。お声かけ頂ければ、国政報告へお邪魔致します。







  

桜、御座替祭、流鏑馬、美しい春

平日は、地元と国会を往復して、分刻みのスケジュールを過ごさせて頂いています。そのような中、いつのまにか満開の桜を目にするようになり、3月の最後の夜空は満月。今週は議事堂沿いの舗道の木も、みずみずしい新緑に変わり始めています。
さて、先週末は、筑波山神社春季御座替祭から流鏑馬、そして小美玉市の島田穣一市長の無投票当選、櫻神睦の六代目会長になられた同じ年の大塚会長の襲名祝賀会など、伝統行事に触れ、充実した素晴らしい週末でした。


  

祝! 茨城空港から台北へ、直通便

本日3月26日(月)から茨城空港と台北間で直通便が始まります。月、木の週2往復で、茨城発が15時、台北着17時30分。台北発9時30分、茨城着14時となります。
直通便就航のタイミングもあったので、青山は日華議員懇談会のメンバーに加わり、先週22日の議員総会に出席しました。日本と台湾は正式な国交関係がないため、超党派の日華議員懇談会は極めて重要な役割果たしております。茨城県議8年の強みもしっかり活かしていきます。


  

フラワーバレンタイン

2月14日は男性から女性に花束を贈るフラワーバレンタイン
この三連休にお花屋さんで花束を仕込んで水曜にお渡しするのはいかがでしょうか
写真は先週、イーアスで行われたフラワーバレンタインinつくばの様子です。
  

QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
プロフィール
青山大人

【略歴】


  • 1979年1月茨城県土浦市生まれ

  • 荒川沖小学校、土浦第三中学校(陸上部主将)、県立土浦第一高校卒業(平9/第49回卒)

  • 慶應義塾大学経済学部卒業

  • 2006年27歳で茨城県議会議員初当選(10,905票、当時全国最年少の都道府県議会議員)

  • 2010年、茨城県議会議員2期目当選(13,290票・31歳)

  • 2014年、第47回衆議院議員総選挙において85,120票を獲得するが茨城県第6区、比例北関東ブロックともに次点

  • 2017年、第48回衆議院議員総選挙において96,987票を獲得するも茨城県第6区で次点、しかし比例北関東ブロックで当選

  • 第21回日米青年政治指導者交流プログラム日本代表

  • 土浦消防団第27分団員(平成20・21・23・25年度操法大会出場)


  • 【座右の銘】


    • 人事を尽くして天命を待つ

    【愛読書】


    • 吉川英治
      「三国志」

    • 司馬遼太郎
      「坂の上の雲」