権利保護がインターネット社会に追いついていない

秘書レポです。ネット上の違法アップロードとクリエーターへの対価の不平等などについて、文化芸術推進フォーラムによる勉強会が開かれました。その内容の一部をご紹介します。(ちなみに、衆議院本会議と時間がかぶってしまい、この勉強会の冒頭には国会議員の先生がたが間に合いませんでした。)



クリエーターから見て音楽配信サイトと動画投稿サイトが決定的に違うのは、支払われる著作権使用料の額です。音楽配信サイトはクリエーターなど著作物の権利者に使用許可を得て配信しており、相応の著作権使用料をクリエーターや著作物の権利者へ支払っていますが、動画投稿サイトにはそのような背景がありません。ゆえに、動画投稿サイトからクリエーター等へきちんと支払われている著作権使用料など微々たるものです。

また、違法アップロードを監視するのは、クリエーターなど著作物の権利者であって、配信者には監視義務がなく、権利者自らが発見して配信者に申立てをしてはじめて、配信者は削除等の対応責任が生じる(これをセーフ・ハーバー条項といいます)のが現状。
配信者はセーフ・ハーバー条項に守られています。配信者を著作権侵害から保護するためだそうです。(つまりこの条項がなければ、例えば動画投稿サイトの配信者は違法コンテンツを抱えすぎ、侵害行為を大量に行っていることになってしまう。)

ただ、これはクリエーターなど著作物の権利者からすればやはり納得いかないおかしな話で、EUやアメリカではクリエーター、アーティストたちが欧州委員会や連邦議会に嘆願書を提出。日本でも直視せざるをえない論点です。
現状を放置することは、クリエーター、アーティスト達の創作意欲を欠き、大きな視点から見れば文化の発展が妨げられることになりかねません。そういう指摘もこの勉強会でなされました。

臨時国会が始まったこともあり、様々な分野の様々な団体が現状の問題点を訴えたり、提案をする勉強会が毎日のように建物内のあちこちで開催されております。
  

24日に臨時国会開幕、25日にはイバラキセンスOP!

10/24に臨時国会が始まりました。以下、秘書レポです。
24日朝は、国会見学に地元の小学校の皆様がいらっしゃいました。臨時国会開会式の準備のため、議事堂内はすでに厳重警備がとられ、通常よりも見学ルートが限定されての駆け足の見学となりました。


開会式が近づくと、天皇陛下をお出迎えに国会議員が議事堂入口付近に参集です。少し緊張する瞬間でした。写真は参集後のもの。開会式場となる参議院へ向かって、国会議員が移動していくのが遠くに見えます。




次の写真は議員会館の事務所にある備え付け画面に映る、参議院での開会式の模様。衆議院議員もこのときは参議院議場に参集し、約700名の議員で満杯の参議院議場です。
また、この日は青山の所属する科学技術イノベーション特別委員会の第1回めが開会されたり(写真1枚目の上段)とあちこち敷地内を移動して回る一日でした。

10/25には銀座にめでたくイバラキセンスがオープンしました。


茨城の物産を販売するおしゃれなアンテナショップです。お店の奥にはおしゃれなダイニングバーもあり期待大です。銀座の一角、人だかりが凄い!イバラキセンスです。


土浦市、つくば市、かすみがうら市、石岡市、つくばみらい市、小美玉市の品物もしっかり揃っています。  

国会あれこれ

秘書某です。忙しくてブログ更新ができません。書こうと思っているトピックはあるのですが。
さて、茨城新聞に毎週末、翌週の国会議員の動静予定が掲載されます。
各事務所から情報を新聞社に毎週金曜日に提供するのですが、もちろん文字数制限があります。ですから、こちらも相当絞り込みをかけています。分刻みのスケジュールをそのまま載せたら、議員の動静予定だけで新聞紙面が埋まるでしょう。合理的理由に基づく簡潔な動静欄です。
国会議員は動静予定に書かれてある予定しかないの?、とシンプルな疑問を持たれたそこの貴方。安心してください、そんなことありません。
臨時国会の開会日もどうやら24日?との話。今年もあと2か月。今年は自分はどう成長できたかな、と振り返る秘書某であります。
  

風吹きすさぶ…

先週末は残念ながら土浦花火大会が天候の影響で中止となりました。風に流された花火玉により負傷された方々の一刻も早い回復を願います。
秘書某は初めて知りましたが、土浦花火大会は1925年に市内の住職が私財を投げ打って始めたものだそうです。1936年に完成した国会議事堂よりも古い歴史を持っています。
花火大会は毎年の恒例行事になっているとはいえ、中止となると一抹の寂しさがありました。8月も終わると河川敷には桟敷席を建設するための資材が積まれ、残暑の中、草刈機が土手を行き着々と準備が進んでいました。
安全第一はもちろん、来年は天候にも恵まれ万全の態勢で開催されることを願います。
(写真は議員会館の事務所の掲示から)

  

堂々と茨城

議員会館は各地から選出された議員の事務所が並んでいるわけですが、それぞれ各地の名産物や祭り・名所のポスターが部屋に貼られています。ドアを開けると県のマスコットぬいぐるみが鎮座していたり。

秘書某も茨城県に親しみと茨城PRの使命感(←勝手に背負ってます)を抱くようになりました。
茨城って全然悪くない。どう感じるも結局、自分次第。何だってそう。相手は変わらない。焦点あてるなら、いっそ自分が喜べることをいつだって見つければ良い。それを考えれば良い。そしたら見えている世界が変わる(ええ、本当に)。緑は多い、湖もある、筑波山登れば関東平野一望(スカイツリーも富士山も見える)、祭りは燃えるし(EU駐日参事官も感動)、花火大会全国レベル、実は蕎麦がうまい。のんびりしてるように聞こえるのは茨城弁の響き。納豆大好き。レンコン畑の蓮の花は本当に美しい(見たことありますか?)自転車道でガチ36キロ遠くまで行ける。帆引き船が世界湖沼会議も惹きつける。宇宙開発は拠点もあるし、県も開発支援してる。ぇい!

さて、10/6-7はスカイツリーの足元で北関東フェアが、10/14は石岡へそまつりが開催されます。



  

10月になりました

某業界紙のインタビュー記事です。今年5/28に議員会館の青山事務所で行ったインタビューが先日発刊されました。青山も田村さんも過密スケジュールの中、時間をセッティングして取材に臨みました。



10月になり、秋の臨時国会がいつから始まるのか、ちらちらと議員会館の界隈では噂しています。要人の日程等を総合勘案し、だいたいこの辺りではないか云々。
議員会館前を流して走る街宣車が、警察のバリケードで方向転換、稀にそういう光景が見える日常です。議員会館は通りに面しているので、色々見えます。



  

代表選投票〆切延長のお知らせ&銀座4丁目交差点レポ

日曜日の夜の投稿は控えたいところですが、お知らせが入りましたので投稿します→国民民主党代表選の党員・サポーターのインターネット投票の〆切が9/3(月)正午まで延長されました。投票方法はこちら。https://daihyosen2018-kokumin.online
 
今日は、銀座4丁目交差点で街頭演説があり秘書某も応援に入りました。応援(=という名のビラ配布!)の合間に現場の状況を撮影しました。
正午から歩行者天国になるところ、正午前に街宣車をスタンバイしていたら報道カメラが設置されてしまい、街宣車をもはや動かさずに交差点の角で演説会をスタート。
シャッターを切ろうとすると、あっさりとバスがカメラの視界を通過。人の流れが街宣車に向かって伸びていて、なかなか見ごたえがあります。




ビラ配布は新宿西口よりも減り具合が早く、休日の交差点という場所柄、人々の心理的余裕もあるのかもしれません。
雨も演説会直前に上がってタイミングが良かったです。


今回の代表選では、子供・次世代・未来のことを考える政策が目立つように思います。
政治はどうしたって、個人の生活、これからの生活にじんわりと関わってくるものです。今までもそうですし、これからも(よほど社会の仕組みが変わってしまわない限りは)同様です。
ビラ配布をしていると、素通りせず文字面だけでもさっと読まれる方が多いのも、時代の変化を感じます。  

国民民主党代表選を追う

国民民主党のtwitterをフォローして頂くと一番早く、わかりやすい情報が得られると思います。こちら→
https://twitter.com/DPFPnews

8/27日(月) 20:00~21:55にBSフジにて、「BSフジ LIVE プライムニュース」国民民主党代表選候補者(生出演)もあります。
番組HP★ http://www.bsfuji.tv/primenews/

党から各議員事務所に代表選候補者日程予定が届くのですが、一日のうちに大阪から愛媛、翌日は岩手と埼玉、その翌日は岡山で夜には都内でTV出演と、日本各地を候補者が駆け巡っています。
選挙はまさに体力勝負! その中での一期一会です。


秘書某個人的には、玉木選対(選挙対策本部の略。)のニュースで「ニコニコしまくる討論会」という記事がツボにはまりました。ニコ動主催の討論会なのに全然ニコニコせず一時間経過したという前回の代表選時の反省から、今回8/23のニコニコ動画での討論会には笑顔で挑んだそうですが如何に。
  

国民民主党代表選告示日 ~新宿西口レポ~

昨日は国民民主党の代表選告示日で、夕方には新宿西口前で候補者の街頭演説会が開かれました。秘書某も応援に入りました。応援とは、ずばりビラ配布です。


ネットやTVの中でなく、リアルに政治家がそこにいて話している、声が聞こえてくる、ビラも出てくる、というのが街頭演説会です。18時過ぎでちょうど帰宅途中やどこかへ行き急ぐ方々で大変なごった返し様でした。
「政治家」が「人間」として存在するから、人は応援(支持)したくも小言も言いたくなるのだろうし、「政治家」ってそういう役割なんだよなあ、と改めて思った次第でした。

政治家が目の前に現れることなどなく、まったく存在が感じられない、誰が国を動かしているかわからない社会だとしたら、人々が持つ、国や時勢という抽象的なものに対する感情のはけ口は、一体どこへ向かうんだろうと思います。

さて、代表選の投開票は9月4日です。玉木雄一郎候補と津村啓介候補が出馬しています。青山が支持する玉木候補は「生活の安心と豊かな地方を取り戻す」をメインに掲げています。


具体策として、幼児教育無償化や不妊治療の保険対象化、参議院の在り方見直し、IT時代の忘れられる権利の創設、防災省を創設し縦割りをこえた総合的な防災対策(→安心へ)、小学校を高齢者に開放し子供と高齢者の「世代共学」、公文書のオンライン永久保存とバックアップ義務付け(→正直で開かれた政府を作る)等の政策をあげています。
党運営改革としては、自民党に代わる政権を担う核となること、代表自ら論戦の最前線に立つこと等を掲げています。



ところで、青山やまと事務所のfacebookも時折ひっそりと更新しております。青山本人のfacebookとはまた違った視点です。どうぞよろしくお願いします。
https://www.facebook.com/aoyamayamatooffice/

  

かわら版87号を発行しました!

かわら版87号を発行しました。国会議員1期生としてスタートしてからこれまで、10か月程の活動をまとめています。とても全てをまとめきれませんが、ごく一部でも知っていただけたらと思います。政治家が何をしているのか目に入らないのではなくて、関心がなければ物事は目に入らないのです(←これ、万物の真理なので、控えめながらフォント大きくしました)。かわら版制作はこんな感じで進んでいました。舞台裏を写真で少し。


  

日本の科学技術の未来と、研究開発力強化法改正の検討

研究開発力強化法の改正の動きがあります。
まだ法案提出もされていませんが、つくばにはこの法律の対象となる研究機関が多いため、今後の動きが気になるところです。青山も地元の研究機関の視察を行っていますが、最前線で政治家とこの法律が今どう動いているか、以下、秘書レポします。



改正を検討する理由は、我が国の科学技術競争力の低下を懸念し、活性化を図る点にあります。
7月に行われた党の部会では東大教授や理研理事長を招きご意見を伺いました。政治家が既に問題認識している項目として、日本では若手研究者は任期終了後ポストがなくなってしまうため安心して研究にうちこめないこと、民間資金プロジェクトだと基礎研究が疎かになるのではという懸念、資金が潤沢に使えるとなると不正防止策が必要な一方で、コンプライアンス重視のあまり研究者自身に事務作業の過度な負担が生じている現状をどう改善すべきか、という点等々があります。

これらの質問に対し、招かれた教授等からは、何の寄与もない人を抱える力は組織にないのが現状だが、例えば中国は政・民ともに研究に投資してくる、日本はこの現実を把握しているか、との指摘や、研究機関の長の裁量幅が増えれば基礎研究に回すことも可能になる、文科省以外のルールがまちまちなので揃えてほしい、という要望がありました。相手企業と知財交渉をする専門家を研究機関が人材として確保できていない現状も問題だとの意見もありました。

有識者と議員の間で、このままでは日本の科学技術はいずれたちゆかなくなるという焦燥感、基礎研究を手薄にしてビジネスモデルをイノベーションに特化することへの懸念や、日本の研究現場における閉塞感が改めて確認、共有されました。
若手研究者の不安定な雇用環境の問題はつくばでも切実なところです。法案改正が秋以降どうなるか気になるところです。

様々な分野に雇用問題や、過去に作られた仕組みからくるがんじがらめが生じています。政治の現場では少しずつ、法の枠組みを動かし、変えながら、明るい将来へつなげていこうと模索しています。
今回終了した通常国会で、いったい何本の内閣法案が出され、それとは別に何本の議員立法が出され、そのうち野党による議員立法が何本で、どのような社会問題を汲み取っていかに大切な内容だったのか……という話はまた今度書こうと思います。色々むなしくなりそうですが、そこはまた前を向いていこうと思います。
  

違和感を持っているんだってこと―国会の内側から

今日も秘書レポ続きます。
さて、昨年当選した一期生議員はいわば国会への新規参入者です。(国会では)なんでこうなってるんだろう?という違和感は“いっぱい”あります。今まで国会議員ではなかったのですから、その違和感は非常に直感的で純粋です。


秘書から見ても感じます。例えば、明日に本会議があるのか無いのかが直前まで決まらない。これ、会社だったら出席予定者からすれば非常に困ります。
それから、貴重な機会を欠席することで怒りを暗に表現するよりも、真っ向から議論した方が立場の違いや何をどう考えてるのかが示せるのではと思うのは私だけでしょうか。何を考えてるのかわかれば、その内容にうなずく有権者もいらっしゃると思います。
スキャンダルに関する問答に立法府の会議の貴重な時間を割いてよいのか。国会は立法府、法律を作る場所です。そのメンバーである国会議員は、真実解明を追う司法機関とは役割が異なるはず。?? 特にそのように感じた理由は、質問者が自己の推論を述べ、それに同意もしくは追認を要求するような質問?が多いような気がしたからです。何を目的に問うのだろうと違和感を覚えました。

そのような中、与野党を超えて有志が発起し、一期生議員意識アンケートが行われました。結果、上記のような疑問・問題意識を多くの一期生が持っていることがわかりました。
日本の政治は変わっていく、と信じたいです。そして日本社会ももっと皆が息をしやすい方向へ変わっていく、と信じたいです。

日々忙殺の議員活動を支える端くれとして、以上、現場からでした。
  

カスピ海に思うこと

先日、日本アゼルバイジャン友好議連総会が開催されました。秘書某が急遽代理で参加しましたのでレポします。在日アゼルバイジャン人は130人程度しかいないそうで(在アゼルバイジャンの日本人は49名程)、正直秘書某にはあまりなじみがありません。ですが、石油資源を日本に供給している重要な関係国です。今後は石油以外の分野(観光やテクノロジー等)で日本と連携を深めていきたいとのこと。大使は筑波大学に留学し日本語を学んだ方で、茨城とのつながりをこんなところで発見。


カスピ海の原油汚染問題で日本が技術貢献できるのでは?と参加議員から話が出ましたが、沿岸諸国がどのように湖を分割して権利を持つかで、なかなか難しいところがあるようです。環境問題は結局は皆に影響するという現実がそこにあるにもかかわらず、湖の上に引くバーチャルな線が目の前にある現実を変えるにあたって足かせになっています。

多くの物事がいまだにそうかもしれませんが、人為的に生まれたバーチャルな枠組みが現実にある問題の解決を阻む、というのを変えるには、柔軟で長期的な視野が必要かもしれません。そんなことを思いました。  

自転車議連・青空総会レポ

昨日は自転車活用推進議連の青空総会でした。りんりんロードを地元に抱く青山は自転車議連の一員です。

この議員連盟は、エコロジーや健康、災害時における交通機能の維持を狙いに、交通の安全の確保を図りながら、自転車の可能性を探るために活動する超党派の議員連盟です。
去年は、同趣旨で自転車活用に関する法律も施行されました。


秘書某は敷地入口の受付スタッフを交替し、代議士をレポートするため議事堂内を会場まで走ります。開会まであと60秒!


しまった、もうすでに人だかり。写真が取れませぬ!


石井国交大臣も挨拶に駆けつけました。自転車活用・交通整備を考える上で、国交省の協力は必須です。




F1時代、筑波サーキットを利用していたという茨城とゆかりのある片山右京さんです。いえいえ、ともかく右京(!)さんが目の前にいること自体驚きです! セナや鈴木亜久里と戦った人ですから!(ここは秘書某の独り言です)




これから皇居一周。行くぞ。








ユニフォームを着た国会議員自転車チームがPR中。実際に走って、道路状況等で気づいた点を今後の議論に活かします。これももちろん大事な仕事のうちです。

行ってきます!

  

国会の日常

緑がモサモサの国会議事堂です。蒸し暑い一日です。街灯の明かりが昼間ですが灯っています。
国会延長となり、舞台の中心が参議院に移りました。議員会館の人の往来も心なしか落ち着いたように思いますが、開いたエレベーターがときどき超満員だったりします。


  

QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
プロフィール
青山大人

【略歴】


  • 1979年1月茨城県土浦市生まれ

  • 荒川沖小学校、土浦第三中学校(陸上部主将)、県立土浦第一高校卒業(平9/第49回卒)

  • 慶應義塾大学経済学部卒業

  • 2006年27歳で茨城県議会議員初当選(10,905票、当時全国最年少の都道府県議会議員)

  • 2010年、茨城県議会議員2期目当選(13,290票・31歳)

  • 2014年、第47回衆議院議員総選挙において85,120票を獲得するが茨城県第6区、比例北関東ブロックともに次点

  • 2017年、第48回衆議院議員総選挙において96,987票を獲得するも茨城県第6区で次点、しかし比例北関東ブロックで当選

  • 第21回日米青年政治指導者交流プログラム日本代表

  • 土浦消防団第27分団員(平成20・21・23・25年度操法大会出場)


  • 【座右の銘】


    • 人事を尽くして天命を待つ

    【愛読書】


    • 吉川英治
      「三国志」

    • 司馬遼太郎
      「坂の上の雲」