宮城県の災害廃棄物処理(がれき処理)の現状視察①

2日間の工程で、民主党県議団の内4名で宮城県へ災害廃棄物処理(がれき処理)の現状視察へ行ってきました。宮城県では4つのブロック(気仙沼、石巻、宮城東部、亘理名取)に分けて沿岸12市町から処理の委託を受けて処分しています。3年以内を目標になるべく宮城県内で処理することを目標としておりますが、なんせ通常の20年分以上の膨大な量(約1569万トン)であり、放射線量などをしっかりと測定し、安全なものを他県へお願いできればという方針です。

まずは、最初に訪れた気仙沼処理区付近でたまたまお会いした地元のお母様方と長話をしました。震災時、ちょうどここが地区の避難場所だった(実際、かなりの高台でした)のでみんなで避難したが、ここまで津波が押し寄せ93人の方がお亡くなりになったとのことです。また、仮設住宅の状況、がれき処理のことなど。私たちが、茨城県でがれきの受け入れを検討しており、その処理状況などの視察に来ましたと告げると、是非協力してほしいとおっしゃていました。大震災時のつらい話に対して、どのように応えていいのか悩みました。

近くにいたおじいちゃんは、娘夫婦の家があった土地をきれいに維持するため、そして亡くなった5歳の孫のためにもここへよく来るそうです。

続いて、4ブロックの中でも一番発生量の多い石巻ブロックへ。石巻ブロックの県全体の発生量に占める割合は47%にも上るとのこと。ここで、宮城県全体の処理の流れなども伺いました。災害廃棄物の処理の流れとして、まず、被災地それぞれの市町村で可能な限り選別して処理するが、市町村で処理できないものを、県が管轄する4つのブロックの仮置き場へ運搬し、そこでも選別、そして放射線量を測定したうえで、さらに2次仮置き場へ運搬し処分するいう流れです。選別も粗選別をしたうえで、さらに手作業での2次選別を行い、可燃物、不燃物の分別はもちろん、リサイクルできるものはリサイクルした上で、焼却処分する流れです。

上の写真は30センチ以下に砕かれたがれきから、木くずや廃プラスチックなどを機械と手で選別するところです。再利用できない木くずは、燃料などにするため細かく破砕。

焼却炉はストーカ炉3基とロータリーキルン炉2基の計5機で、最大一日1500トンを処理できるとのことですが、現在はまだロータリーキルン炉1基のみが稼働状態で、8月までに5基全てが稼働予定とのことです。因みに茨城県の年間ごみ総排出量は約100万トンであります。  

橋本知事から国に対して要請

先日、民主党岡田幹事長が茨城へ被害状況の視察に訪れました。その際、橋本知事から以下のことを改めて国に対して要請されました。

・被災者対策や原子力安全対策をしっかりやっていただきたい。
・港湾をはじめ公共インフラの早期復旧に向け支援をしていただきたい。
・農林水産業関連施設も多く被害を受けているので、復旧に係る財政支援をしていただきたい。
・風評による被害に対して万全の補償をお願いしたい。
・出荷自粛を要請している品目について、弾力的に解除していただきたい。
・国内のみならず国外に向けても正確な情報を発信していただきたい。

それに対して、民主党岡田幹事長は、

・可能な限り早く補正予算を成立させ、復興に全力を注ぎたい。
・風評被害に対しては、消費者の不安解消のため政府広報をしっかりとやっていきたい。

茨城経済を支える港湾の復興、茨城農産物の風評被害対策が急務です。政党の垣根を越えてオール茨城で取り組んでいきます。  

塩屋岬周辺(いわき市豊野)被害状況













この状況に言葉も出なかったです。  

再びいわき炊き出し

今日はいわき市の福島高専で炊き出しです。ここは原発で避難を余儀なくされた広野町の方々の避難所です。

地元の仲間の協力により、都内某料理店総動員。いつもありがとうございます。  

あっそういえば

HPトップのデザインもブログに合わせて変更しました。

よく巷では、

「頑張ろう!日本!!」

ですが、私は敢えて

「頑張るぜ!日本!!」

としました。
  

東日本大震災広がる支援の輪

今朝の産経新聞茨城版に私たちの活動の記事が掲載されていましたので、引用させていただきます。

■東日本大震災広がる、支援の輪 ボランティア活躍■
(2011年3月28日 産経新聞)

■タレント、市町村議から大学生まで

 東日本大震災で大きな被害を受けた地域でボランティアが活躍している。行政が募集するボランティアだけでなく、タレントや市町村議、大学生らによる独自の団体も次々と組織されている。幅広い世代が参加、県内だけでなく隣県の福島県にも支援の輪を広げる団体も登場している。(前田明彦)

                   ◇

 「何ができるか考えた。でも何も思いつかないから行ってみよう」。かすみがうら市出身のタレント、アントキの猪木さん(37)は震災直後から被災地各地の施設や避難所の慰問を続けている。

 ◆「元気ですかー」

 20日に地元、かすみがうら市の福祉施設や土浦市の避難所を訪問。23日には福島県いわき市南部の湯本高校や藤原小学校を訪れ、「元気ですかーっ!!」と、被災者を激励した。両校には、原発事故による屋内退避の指示が出た同市北端の久之浜町の住民らが避難していた。

 アントキの猪木さんによると、所属事務所の芸人らも「支援をしたい」と話しており、今後も支援の輪が広がりそうだ。

 ◆「阪神」の恩返し

 阪神大震災を経験した神戸市民からの救援物資は茨城空港(小美玉市)を通して届けられた。

 スカイマークの茨城-神戸便が就航する同空港に23日午前、パンや生活物資を詰めた段ボール8箱が運ばれた。中には、「避難所生活が1週間もたつと、爪切りや耳かきが必要になってくる」と経験に基づいた細かい生活用品も入れられていた。

 同空港に待機していたボランティアは津波被害の大きかった北茨城市やいわき市へ向かい、地元ボランティアや民生委員と連携して各家庭に配布。物資運搬に尽力した水戸市の川崎篤之市議(33)は「阪神大震災で被災した神戸の人たちが『恩を返す』と支援してくれた。この空港が神戸の思いを茨城につないでくれた」。

 ◆独自組織が連携

 県内には、震災で損壊した家屋の片付けの手伝いや断水地域で家庭に給水タンクを届けるなどの活動を行う独自のボランティア組織が続々と立ち上がっている。

 茨城大、常磐大などを中心とした学生ボランティア「がんばろう茨城!」を指揮するNPO法人職員の藤田崇文さん(25)らは北茨城市、高萩市のボランティアと連携。現地の状況を確認したうえで飲料水、乳幼児や大人用のオムツなどを届けた。被災した地域や各家庭を回って活動することでこまやかな支援を実現した。

 また、高萩市春日町では地元商店街の有志が協力してボランティアチームを結成。ガソリンが足りないなか、自転車やバイクで地元を回る。高齢者の家庭に水を届け、がれきを撤去するといった活動を続けている。  

農産物について風評に惑わされないように。

改めて、これまでの調査で安全であることを確認した茨城農産物をもう一度掲載しますね。

【農産物】18品目
ネギ、キャベツ、レタス、レンコン、ハクサイ、トマト、イチゴ、キュウリ、ニラ、ミズナ、チンゲンサイ、ピーマン、エシャレット、大葉、切りミツバ、セルリー、小玉スイカ、サニーレタス

【畜産物】4品目
牛肉、豚肉、鶏肉、鶏卵

【水産加工品】2品目
揚げかまぼこ、シラス干し

皆さまご存知のように、ホウレンソウ、カキナ、パセリ、原乳は出荷の自粛をしております。

風評に惑わされてしまうと、東京の食卓で野菜がなくなってしまうような気もしますが。  

JA直売所にて

今日は1日、茨城農産物の風評被害とその対策について、地元のさまざまな農業関係の方々との意見交換と現状調査。

昼食は木田余にあるJA直売所さんふれはすの里。ここのレンコンカレーは美味しいですよ。
  

被災世帯に対する支援制度の拡充

茨城県では被災世帯に対する支援制度を拡充します。

まずは、現行の生活福祉資金貸付金(緊急小口資金)の特例措置。

・所得制限はありません。(通常は所得制限あり)
・貸付限度額は次のような場合は20万円以内となります。(通常は10万円以内)
①世帯員の中に死亡者がいるとき。
②世帯員に要介護者がいるとき。
③世帯員が4人以上いるとき。
④上記のほか、重傷者、妊産婦、学齢児童がいる世帯等で特に茨城県社会福祉協議会会長が認めるとき。
・その他
①据え置き期間は1年以内。(通常は2ヶ月以内)
②償還期限は据え置き期間経過後2年以内。(通常は8ヶ月以内)
③利率は無しです。


また、茨城県災害見舞金制度も拡充されることになりました。

・人的被害については、国の災害弔慰金制度があります。今回の震災で亡くなった方には最大500万円、重度障害になられた方には最大250万円が給付されます。
・物的被害については、国の被災者生活再建支援制度があります。家が全壊した場合は、最大300万円、大規模半壊の場合は最大250万円が給付されます。
・また、国の被災者生活再建支援制度の対象にならない、半壊について3万円、床上浸水については2万円の見舞金が支給されることになりました。

茨城県福祉指導課029-301-3157にお問い合わせください。

  

いわき市報告。



3月23日と今日行った避難所は、福島県いわき市内にある湯本高校、藤原小学校、御厩小学校。それぞれ約150人~200人の方々が避難されておりました。

これらの避難所にいる方のほとんどは、避難所近辺の方ではなく、ここから約20キロ北の太平洋沿いの久之浜町の方々が多い。つまり、津波で家を亡くされ、さらに福島第一原発から約30キロの方々であります。

現在も久之浜町では、身元が確認された遺体は約20名ほどで、その他の行方不明者の方々は捜索活動すらままならない現状とのこと。ここの避難所にいる方の中にも、未だに家族の安否がわからない方も多いとおっしゃっていました。

今日の炊き出しは、2週間にも及ぶ避難所生活で、温かい物を食べてみたいとの現地からの要請があり行いました。


  

みんな美味しいって言ってくれました。

避難所生活で初めて暖かいものが出たってみんな喜んでくれました。

いわきの方々の笑顔、ありがとうございます。
  

いわき湯本の避難所にて炊き出し

今日は、いわき湯本の避難所にて200人分の炊き出しです。

地元企業さんのご協力を頂き、豚汁とカレーを用意しました。

現在、急ピッチで準備してます。
  

がんばっぺいわきbyアントキノ猪木さん

いわきサンシャインTVに昨日のアントキノ猪木さんとの避難所激励の模様がのっています。青山も少し映っています。
激励に行った避難所の方々は地震による津波で家も流され、さらに福島原発の避難区域の方々です。

http://www.youtube.com/watch?v=J3jlTwsWgxg&NR=1

避難所生活の疲れと今後の不安を抱える方たちが笑顔になってくれたのが嬉しかったです。

http://www.youtube.com/watch?v=2ER0penBxj4

マイク一つでみんなを元気にする。さすが芸人さんです。本当にすごいと思いました。それに比べて半分、照れている顔の青山。まだまだですね(^_^;)



  

県北港湾等現状視察報告

県北の港湾関係報告。写真中心で。


まずは、大洗港区。大洗に限らず津波で船が何隻も打ち上げられている光景が。船乗りさんの話では、津波が来る前に沖に出た船は無事、岸壁につながったままだとこのようになってしまうのがほとんど、津波は1メートル違うだけで被害が全然変わってくるとのこと。また、船を修理するにも費用もそうだが、船を直せる大工さんや機械工がいないので、直そうにも直せない状況とのこと。


ひたちなか港。ここは、日立建機さんやコマツさんの重機を輸出の場所。埋立地なので液状化現象がひどい。


日立港区。被害の概要と現在の状況の説明を受ける。


岸壁は頑丈だが、中の部分が弱いのでこのようにひび割れができてしまう。これはどこの港も同じ。この先にあったベンツと日産の車は全てダメになってしまったとのこと。


会瀬漁港。底引き網をクレーンで引き上げる。


平潟漁港付近の津波による被害を受けた家屋。

茨城経済を牽引する港の復活が急務。ただ、岸壁の補修、さらに津波によって岸壁付近の水深が浅くなっており、浚渫して船が入れる水深を確保しなくてはならない。被害が少ないところから順次定期航路の回復に努めていかねばならないとのこと。

今日は土浦の霞ヶ浦体育館で仲間の方たちが炊き出しを行っていたのに、間に合わなくてすみませんでした。


  

港の様子

今日はこれから民主党県議団で県内の港湾の被災状況視察。

予定より早く着いたので、那珂湊のお魚市場へ。
  

ただいま帰宅。


(避難所で子供たちに遊びを教えるアントキの猪木さん)

ただいま帰宅。

今日は午前中、地元の小学校卒業式に出席。その後、いわき市で2ヶ所、北茨城で3ヶ所の避難所を訪れ、北茨城市役所にて市長と面会。帰りに明日の霞ヶ浦体育館で炊き出しのご協力を頂く方々へお礼の挨拶。

北茨城市長は地震以来、市役所の市長室で寝泊まり。一度も家に帰っていないそうです。

明日の霞ヶ浦体育館での500人分の炊き出しのための仕込みはとても大変そうでした。

アントキの猪木さん、ありがとうございました(^_^)/

いわき市避難所の報告については後日書きますね。
  

雨について。(マイクロシーベルトとミリシーベルト)

皆様から雨についての心配の問い合わせがたくさんきております。茨城県にも問い合わせがきているようです。

茨城県によると、そもそも茨城県内での放射線の影響については、現在までのところ、何らかの行動が必要とされるレベルのものではないので、冷静に行動をしてくださいとのことです。

雨が降った場合、一般的には、観測される放射線の数値が上昇するとされておりますが、これまで県内で測定された中で、放射線の最大値は、県北の北茨城市(3月16日に測定)で一時間あたり0.015ミリシーベルトと極めて低いレベルにあるそうです。茨城県のHPで茨城県の放射線量の状況が随時更新されております。

県のHPではマイクロシーベルト(μSv)で表記されております。因みに、1マイクロシーベルト(μSv)=0.001ミリシーベルト(mSv)ですので、単位に注意してください。

例えば、先ほどのHPを見ると、20日20:10、北茨城では、0.747マイクロシーベルト/時間と表記されております、これは0.000747ミリシーベルト/時間(0.747÷1000=0.000747)ということになります。

最大値が測定された16日11:40北茨城では、15.8マイクロシーベルト/時間と表記されております。つまり、0.0158ミリシーベルト/時間となるわけです。 

では、現在茨城県で測定された最大値0.0158ミリシーベルト/時間という数値はいかなるものか。

仮に一日24時間雨の中に立ち続けたとしても、受ける放射線量は0.3792ミリシーベルト(0.0158×24時間=0.3792)と、全身CTスキャン一回分の約18分の一(全身CTスキャンは一回で約6.9ミリシーベルト)であり、心配しなければならないレベルではありません。因みに日本人の一人あたり平均で自然界から一年間に浴びる放射線は2.4ミリシーベルトとのことです。

もちろん、雨に濡れないことにこしたことはありませんが、万が一濡れてしまっても、神経質になる必要はないレベルであります。それでも心配な人は、次のような配慮をすればさらに安心とのことです。

・特に急ぎの用事でなければ、雨がやんでから外出する。
・髪や皮膚が、あまり雨で濡れないようにする。
・髪や皮膚が濡れても心配はないが、気になる場合は、念のためよく洗う。

明日は地元の小学校の卒業式に出席した後、いわき市と北茨城市へボランティアの方々と一緒に物資と水を持っていきます。
  

県議会「元気ないばらきづくり調査特別委員会」委員に選任


地震以来中断していた、県議会本会議が行われました。議場が地震の影響で使えず、大会議室での開催です。議員もみな防災服で出席しております。もちろん初めての光景です。

議会開始まで、議員どうしでそれぞれの地元の被災状況などの情報交換をしていました。

冒頭、被災されお亡くなりになった方々への黙とうが出席者全員で行われました。そして、議案についての討論後、平成23年度の茨城県の予算案を可決しました。また、茨城県復興のため「元気ないばらきづくり調査特別委員会」が設置され、青山も調査特別委員会の委員に選任されました。

最後に、知事から改めて地震による本県の被災状況やこれまでの対応、今後の対応等について報告がありました。報告の最後に「県民一致団結、協力して乗り切ろう」という知事の力強い言葉が心に響きました。  

茨城農産物検査結果速報②

検査の結果、新たに安全であることが確認された品目。

ハクサイ、エシャレット、大葉、切りミツバ、セルリー、小玉スイカ。水産囲加工品の揚げかまぼこ、シラス干しも安全が確認されました。

これで現時点まで、ピーマン、トマト、イチゴ、キュウリ、ニラ、ミズナ、チンゲンサイ、ネギ、キャベツ、レタス、レンコン、ハクサイ、エシャレット、大葉、切りミツバ、セルリー、小玉スイカの17品目の茨城農産物の安全が確認されました。

また、県では暫定規制値を上回ってしまったホウレンソウとカキナについては、当分の間、出荷を控えるよう通知しました。  

いわき支援ルート打合せ

今日は地震以来、中断していた県議会があるので、水戸県庁へ。

議会前に明日のいわき市と北茨城市への支援ルートの打合せを水戸の川崎市議と。

現地のいわき市議の話では、いわき市でも南の湯本の方はパン一個の配給とのこと。まだまだ大変な状況です。
  

QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
プロフィール
青山大人

【略歴】


  • 1979年1月茨城県土浦市生まれ

  • 荒川沖小学校、土浦第三中学校(陸上部主将)、県立土浦第一高校卒業(平9/第49回卒)

  • 慶應義塾大学経済学部卒業

  • 2006年27歳で茨城県議会議員初当選(10,905票、当時全国最年少の都道府県議会議員)

  • 2010年、茨城県議会議員2期目当選(13,290票・31歳)

  • 2014年、第47回衆議院議員総選挙において85,120票を獲得するが茨城県第6区、比例北関東ブロックともに次点

  • 2017年、第48回衆議院議員総選挙において96,987票を獲得するも茨城県第6区で次点、比例北関東ブロックで当選

  • 第21回日米青年政治指導者交流プログラム日本代表

  • 土浦消防団第27分団員(平成20・21・23・25年度操法大会出場)

  • 衆議院外務委員会委員、衆議院科学技術イノベーション推進特別委員会委員


  • 【座右の銘】


    • 人事を尽くして天命を待つ

    【愛読書】


    • 吉川英治
      「三国志」

    • 司馬遼太郎
      「坂の上の雲」