三陸海岸の状況



大槌町、山田町、宮古市、田老町、野田村の様子。






野田村でちょっといいことがありました。明日ブログに書きます。明日、上り始発の新幹線で帰るので、おやすみなさい。   

土浦周辺の放射線量の推移をHPトップに掲載しました。

土浦周辺の放射線量の推移をHPトップに掲載しました。

単位に注意してください。マイクロシーベルトです。マイクロシーベルトのミリシーベルトへの換算については、3月22日のブログにおいても書いておりますので、是非ごらんください。  

市民を代表して感謝。そして視察。

県内を中心にいくつものお店を展開するスーパーの食品売り場を視察。このスーパーは3月11日の地震の翌日も閉店することなくオープンしてくれました。そのことについて、私のところへも「従業員の方々も被災されているにも関わらず、買い物をできて感謝してます」というようなメールをいくつか頂きました。

今日は市民を代表して感謝の言葉を述べるとともに、店内の売り場の方々から茨城産の野菜についての消費者の動向などをお聞きすることが出来ました。


その後は、地域の方々から震災による道路等の補修要望箇所の現地調査やこれまで要望があった場所について、県に伝えた箇所のその後の状況を見て回りました。

新治地区藤沢新田から、桜川を渡り、つくば市へ抜けるところの道も応急措置がなされており、通行できるようになっておりました。県の土木部は、現在もフル稼働で頑張ってくれております。  

河川敷を歩く。気持ちいい。

地元の方々が「乙戸川の河川敷を散歩道へ」という団体を立ち上げました。今日はその2回目の集まり。実際に乙戸川の河川敷をみんなで歩いてみました。



乙戸川は河川改修が全て完了していなく、未改修のところもまだあります。未改修のところは、地震の影響で、削れているところもあります。


こうやってゆっくり散歩するのもいいですね。  

桜も咲いてきましたね。



土浦第二高等学校の桜がきれいです。

地震の影響で、道路に面している体育館の屋根が破損。地域の方から危険との声があり、早速現地調査へ。

もちろん学校でも危険を認識しております。早速、茨城県教育庁に現状を伝え、協議した結果、至急対応してもらえることになりました。明日、修繕のための足場を組み、早速補修作業に取り掛かるとのことです。今月末には修理も完了するとのことです。迅速な県や学校の対応に感謝です。



写真ですと、破損部分が見にくいですね。

今日は、茨城県農産物の風評被害対策の打ち合わせが多かったです。明日は、再びいわきです。

(つくば桜スポット2011)



  

東町運動公園テニスコート再開

先日、現地調査に行き、このブログにも書きました東町運動公園のテニスコートの一部が昨日から利用できるようになりました。

利用可能施設は、テニスコート(ハードコート6面)で9時~18時(照明は利用できません)です。

詳細については、東町運動公園のHPをご覧いただくか、直接お電話で公園までお問い合わせください。




  

運動公園現地調査

皆さまからお問い合わせをいただきました、水戸市にある東町運動公園の被害状況調査へ行きました。



ちょうどボランティアの方々が、皆さまから茨城県へ送られた救援物資の搬入作業をしておりました。ここの体育館で一度整理されてから被災地へ送られます。



この辺りの地区は地盤が固いようで、テニスコートやアーチェリー場をはじめ屋外の施設は特に大きな被害はないように感じました。近いうちに再開できるよう取り組んでいきます。

これから県庁で県議団の打ち合わせです。  

役員会。

先ほど、民主党茨城県連の常任幹事会がありました。震災後、初の常任幹事会ということで、会議の冒頭、役員一同、黙祷をささげました。

約一時間の会議のほとんどが東日本大地震に関することでした。党本部でも東日本大地震対応への茨城担当の国会議員が割り振られました。

さて現在、土浦市周辺に住んでいる国会議員がおりません。同じ茨城でも県北やこの周辺では、被害状況や今後の対策も異なります。土地に住んでいないと本当に地元の状況、空気がわからないことは言うまでもありません。

因みに土浦市周辺で一番近くに住んでいる国会議員は取手の小泉、川口、石井議員、次に近いのが守谷の大泉議員です。

今後、県南地域の農産物風評被害への対応など今後の新たな問題について、これまで以上に直接党本部とのやり取りも必要になってくるのかなと思います。

さて、本日の常任幹事会で、副幹事長のほかに、青年局長、選挙管理委員長、組織局長に任命されました。役職がやたら多くなってしまいましたが、これからも今までどおり、まずは地元が最優先です。  

広がる人の輪

101003.JPG

韓国のコヤン市テニス協会の方々が今年も土浦にお越しになりました。昨日の土浦花火大会を見物し、本日は懇親会が開かれました。
こうして草の根の交流が進んでいます。私も地元代表として国境を越える交流を広げていきたく思います。
  

あと2日

1007091.jpg
本日も、毎朝恒例の地元企業の方からご協力をいただいての朝礼から始まりました。
今日は本人も一緒でした。因みに朝礼は4件。
1007092.jpg
その後街宣車に合流。
1007093.jpg
たくさんの方が民主党候補の演説を聞きに来ていただきました。
1007094.jpg
お忙しいところありがとうございます。あと残りわずかです。  

お知らせ

100707.jpg今日も朝から民主党候補支援のために地元スーパーの朝礼に参加し、候補者の支持を訴えました。

尚、7月9日(金)土浦市内における民主党候補の最後の街頭演説が急遽決まりました。
①10時45分~ 旧関東つくば銀行本店前(土浦市中央2丁目11)
②11時15分~ 小松郵便局前(土浦市小松1丁目5-1)

当日は、榛葉防衛副大臣も応援にやってきます。
ぜひ候補者の考えやこれまでの取り組みなど生の声を聞いていただきたいと思います。皆様のご参加をお待ちしております。  

いよいよ終盤戦突入

本日も、早朝から民主党候補応援へと奔走いたしました。

1007051.jpg
早朝、土浦駅での第一声。

1007052.jpg
早朝から多くの方達から、ご協力いただいております。

1007053.jpg
続いて今日は各地区の農協さんで、街頭させていただきました。ブラックベリーを栽培している青山も、農政についてとても関心があります。尚、写真左に写っているのはお忙しいところ、岩手県から応援に駆けつけてくれた平野参議院議員。

1007054.jpg
つくば駅前でも多くの人達に応援に来ていただきました。

1007055.jpg
最近司会役が多い青山。  

土浦市消防団操法大会

100704.jpg本日は土浦市消防団の操法大会。昨年、一昨年と2番員選手で出場いたしましたが、今年は選手ではなくサポート役として大会に臨みました。
 やはり操法大会は、毎年燃えます。

今年優勝されました33分団(土浦市藤沢地区)、郡大会へ行っても頑張ってください。
 因みに準優勝は17分団(沖宿地区)。第3位は16分団(手野地区)でした。
 上位入賞の分団はそれぞれ見事な演技でした。  

ブラックベリー畑の様子

100703.jpg青山ブラックベリー農園がいつの間にか、草だらけになってしまいました。

ブラックベリーが甘くなるためには、酸性の土壌が適していますが、この土地は窒素やリンが豊富な土壌であります。
ですがこうやって草が伸びることで、窒素やリンを草に吸ってもらうのも重要な手段と通りかかった農家の方に教えていただきました。勉強になります

夕方の涼しい時間を利用して、仲間達と草刈りをしました。
草刈りって不思議なもので、草を刈っているいるうちにいつの間にか何も考えず無心の状態になります。  

ドクターヘリ運行開始

100701.jpg本日は、民主党の大型車で土浦、かすみがうら、石岡を街宣活動。民主党に対する大きな声援がある一方、厳しい声もたくさんありました。

さて、茨城県ドクターヘリが今日から運行開始となります。ドクターヘリは機動性が良く、50kmを約15分で飛びます。つまり、県内全域、30分以内で高度な救急医療を提供する体制が整備されるため、救命率の向上、後遺障害の軽減を図っていくことが期待できます。
 ドクターヘリを置く基地病院を国立病院機構水戸医療センター(茨城町)と水戸済生会総合病院(水戸市)にし、二つの病院の共同運航方式をとっております。ただし、このような二つの病院の共同運航方式は全国的にも稀なケースであります。
 青山は昨年保健福祉委員会において、基地病院の選定にあたっては、千葉県のドクターヘリで患者受け入れ経験があり、医療スタッフも充実している県南の病院で一度導入し、県央の病院で十分な医師確保ができた段階で県央に基地病院を移すのも一つの考えではと述べました。
 というのも一人でも多くの命を救うための一つの施策としてドクターヘリを導入するのに、単にドクターヘリを導入することが目的になっているような気がしたのと、共同運行方式で適切な運用ができるのかと疑問をもったからです。いずれにせよ、県としては今日の運行に向けて、円滑な運用ができるよう、さまざまなシミュレーションを行ってきました。

因みにドクターヘリは、年間約1億7000万円の経費がかかりますが、県負担はその4分の1の約4250万円。さらに県の財政力によっては、さらに国の補助が加算されます。
 今回の導入による効果を見てからですが、将来的には、県南地域に2台目のドクターヘリが導入できないか検討していきたいと思います。  

カーテン

1006301.jpg事務所に白の綺麗なカーテンがやってきました。というのも今までは、白の布を画鋲でとめてカーテン代わりにしていました。

地元の方が心配してくれ、手作りの白カーテンを持ってきていただき、早速取り付けたところ、事務所も気持ちも明るくなりました。
地元の方にはいつも感謝です。  

朝礼

1006302.jpg本日は早朝から、地元企業の朝礼にお邪魔いたしました。
朝礼では民主党候補者に代わり、ご挨拶をさせていただきました。

宣伝カーに乗っているだけではなく、最近ではこのように地元の方々にご協力を頂きながら、応援活動をしております。  

街の活性化へ~映画のロケを誘致

100629.jpg平成20年に映画『クローズゼロⅡ』(小栗旬,山田孝之ほか出演)の大型ロケを土浦に誘致し、青山も製作者側の一員として加わりました。ご存知のようにモール505や土浦工業高校、駅前広場、真鍋のガソリンスタンドなど多くの場所で撮影が行われました。撮影の日には子どもたちもたくさん訪れ、街が賑わいました。

 因みに、土浦での映画ロケ数は平成17~19年は年間1~2件ほど。映画『クローズゼロⅡ』の撮影誘致後の平成20年は年間21件、平成21年は24件と大幅増となっております。
 土浦は、「都内から近く、ロケに適した場所が多い、地元の方々が協力的」など製作側に好評であり、その後、モール505では、ドラマ「筆談ホステス」(北川景子ほか出演)、ドラマ「とめはねっ!-鈴里高校書道部-」(朝倉あきほか出演)、土浦一高旧館では、ドラマ「坂の上の雲」、ドラマ「白州次郎」など、土浦市内各地で撮影が行われております。
 
 多くの撮影スタッフが訪れるため直接の経済効果もさることながら、街のイメージアップや宣伝にもつながります。これらを一過性ではなく今後、街の活性化にどう繋げていくかが課題であります。  

農林水産大臣土浦に来る

100627.jpgいよいよ参議院選挙がはじまりました。公職選挙法上、選挙期間中に特定の候補者を応援する記事の更新ができませんのでご了承願います。

さて、本日は民主党の応援に山田農水大臣が土浦のイオンにやって参りました。
その前座の様子です。  

県議会土木委員会県南・県西地区調査

100527.jpg100528.jpg昨日から一泊二日で、土木委員会です。今回は、龍ヶ崎土木事務所、土浦土木事務所、筑西土木事務所の三箇所において、地元の市町村長さん、県議会議議員、県庁土木部が一同にかいして、県内の県管轄の土木行政についての会議です。

私は、以下の三点について重点的に意見を述べました。
①小松坂下の4車線化に伴い、土浦駅東口の北側、CANKOHホテル付近の2車線部分のさらなる混雑が予想される。この部分については、現況でも3車線化は可能なので、小松坂下の開通に合わせて3車線化にするべき。そして、将来的には、4車線化を視野に入れて拡幅を検討すること。

②常名地区から新治にぬける県道小野土浦線の整備について平成14年に事業化されたものの、進捗率が4%とあまり進んでいない状況である。しかし、この県道と交差する市道の整備が着々と進んでいる。したがって、一度に全部整備できなくても、せめてこの市道と交差する部分だけでも優先的に整備すること。

③国道6号から荒川沖駅に入る交差点改良について早期に整備すること。  

QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
プロフィール
青山大人

【略歴】


  • 1979年1月茨城県土浦市生まれ

  • 荒川沖小学校、土浦第三中学校(陸上部主将)、県立土浦第一高校卒業(平9/第49回卒)

  • 慶應義塾大学経済学部卒業

  • 2006年27歳で茨城県議会議員初当選(10,905票、当時全国最年少の都道府県議会議員)

  • 2010年、茨城県議会議員2期目当選(13,290票・31歳)

  • 2014年、第47回衆議院議員総選挙において85,120票を獲得するが茨城県第6区、比例北関東ブロックともに次点

  • 2017年、第48回衆議院議員総選挙において96,987票を獲得するも茨城県第6区で次点、しかし比例北関東ブロックで当選

  • 第21回日米青年政治指導者交流プログラム日本代表

  • 土浦消防団第27分団員(平成20・21・23・25年度操法大会出場)


  • 【座右の銘】


    • 人事を尽くして天命を待つ

    【愛読書】


    • 吉川英治
      「三国志」

    • 司馬遼太郎
      「坂の上の雲」