農水委員会で「土地改良法改正案」の質疑に立ちました

5/15に衆議院農林水産委員会にて「土地改良法の一部改正」について質疑に立ちました。
地元からの声を受けて、土地改良法改正案についての懸案事項を掘り下げたほか、前日視察したつくば市の森林総研などの研究施設老朽化対策への要望も交えた質疑となりました。

このように各委員会は、法案について、野党が内容その他について追及していく生き生きとした議論の場です。毎回限られた時間の中、私も質疑の準備に力を入れます。

答弁者の上月農林水産大臣政務官は、私が茨城県議としてスタートを切った12年前、茨城県庁の総務部長でいらっしゃいました。当時、茨城県議会の議場で、議論を戦わせました。今、論戦の場が衆議院に移りました。何とも感慨深いです。

質疑と答弁の模様は衆議院インターネット審議中継のページ内の2018/5/15 農林水産委員会でご覧になれます(別窓で開きます)。



さて、5/17の決算行政監視委員会でも質疑を控えており、準備に追われております。国の決算の数字を分析しながら、予備費の使い方の妥当性等、率直な問題意識を提示し、直球で追及する予定です。


  

今週はつくば市内の研究所視察からスタート

今週が始まりました。まずは国会の合間を縫って、超党派の国会議員団総勢10名で茨城県つくば市の農研機構・森林総研とJAXA筑波宇宙センターを視察しました。

森林総研では、木を原料としたアルコール製造の技術を開発するなど世界最先端の研究成果をあげる一方で、施設整備費用が不十分で施設の老朽化の一面も目のあたりにしました。この件については、早速、要望という形で、翌日5/15の農林水産委員会での質疑の冒頭で述べさせて頂きました。

JAXA筑波宇宙センターでは、これから日本がリードすべき宇宙開発分野での可能性と、他国との激しい競争の現実を実感しました。こちらの敷地内にある展示館へは年間約30万人の方々が訪れるとのこと。これからも日本全国のこどもたちに、世界に誇る日本の宇宙技術を見にきて頂きたいと思いました。

内容の充実した視察となり、今回得た知見を今後の国会活動に活かしていきたいです。






  

Posted by 青山大人 at 2018年05月16日 13:00Comments(0)
QRコード
QRCODE
プロフィール
青山大人

【略歴】


  • 1979年1月茨城県土浦市生まれ

  • 荒川沖小学校、土浦第三中学校(陸上部主将)、県立土浦第一高校卒業(平9/第49回卒)

  • 慶應義塾大学経済学部卒業

  • 2006年27歳で茨城県議会議員初当選(10,905票、当時全国最年少の都道府県議会議員)

  • 2010年、茨城県議会議員2期目当選(13,290票・31歳)

  • 2014年、第47回衆議院議員総選挙において85,120票を獲得するが茨城県第6区、比例北関東ブロックともに次点

  • 2017年、第48回衆議院議員総選挙において96,987票を獲得するが茨城県第6区で次点、比例北関東ブロックで当選

  • 第21回日米青年政治指導者交流プログラム日本代表

  • 土浦消防団第27分団員(平成20・21・23・25年度操法大会出場)


  • 【座右の銘】


    • 人事を尽くして天命を待つ

    【愛読書】


    • 吉川英治
      「三国志」

    • 司馬遼太郎
      「坂の上の雲」