住宅供給公社の件につきまして(2)

(前回からの続き)

●何故ここまで損失が増えたのか
そもそも住宅供給公社、土地開発公社は地価が右肩上がりの時代に、地方自治体が借金をして、土地の先行取得をしやすくするためにできた制度です。
本来ならば、地方自治体が広大な土地を取得するには議会の承認が必要になります。しかし、公社を利用すれば議会の承認なく、機動的に土地を取得することが可能となったのです。
ところが、バブル経済の終焉により、全国で地価が下落し、公社は多額の含み損を抱えることになりました。含み損とともに厄介なのが、借入金の金利負担です。   
数年前までは公会計制度は取得原価主義だったため、評価損が表へ出ませんでした。が、低価法が用いられることになったため、損失が表面化し、全国の自治体にとって大きな問題となっております。

(続き)

同じカテゴリー(今日の青山大人)の記事画像
各地のお祭りや毎夏を迎えて思うこと
霞ヶ浦高校の皆、どうもありがとう & 不屈の横澤参議との一枚
茨城産、幻の「納豆ソフト」食レポ@イバラキセンスカフェ
臨時国会や土浦キララ祭りなど駆け足の5日間
つくばの【福来みかん】の思い出と【イバラキセンス】の新メニュー
【第198回国会】今年前半の法案成立の振り返り
【石岡のお祭り】交通規制の見直し求める署名や【つくば】で七夕コンサート
参院選を機に変わるか(細かい話)
同じカテゴリー(今日の青山大人)の記事
 各地のお祭りや毎夏を迎えて思うこと (2019-08-25 16:00)
 霞ヶ浦高校の皆、どうもありがとう & 不屈の横澤参議との一枚 (2019-08-13 17:00)
 茨城産、幻の「納豆ソフト」食レポ@イバラキセンスカフェ (2019-08-09 17:00)
 臨時国会や土浦キララ祭りなど駆け足の5日間 (2019-08-06 16:00)
 つくばの【福来みかん】の思い出と【イバラキセンス】の新メニュー (2019-08-02 17:00)
 【第198回国会】今年前半の法案成立の振り返り (2019-07-30 17:00)
 【石岡のお祭り】交通規制の見直し求める署名や【つくば】で七夕コンサート (2019-07-26 17:30)
 参院選を機に変わるか(細かい話) (2019-07-23 18:00)
Posted by 青山大人 at 2010年10月05日 23:28│Comments(0)今日の青山大人
コメントフォーム
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
QRコード
QRCODE
プロフィール
青山大人

【略歴】


  • 1979年1月茨城県土浦市生まれ

  • 荒川沖小学校、土浦第三中学校(陸上部主将)、県立土浦第一高校卒業(平9/第49回卒)

  • 慶應義塾大学経済学部卒業

  • 2006年27歳で茨城県議会議員初当選(10,905票、当時全国最年少の都道府県議会議員)

  • 2010年、茨城県議会議員2期目当選(13,290票・31歳)

  • 2014年、第47回衆議院議員総選挙において85,120票を獲得するが茨城県第6区、比例北関東ブロックともに次点

  • 2017年、第48回衆議院議員総選挙において96,987票を獲得するも茨城県第6区で次点、比例北関東ブロックで当選

  • 第21回日米青年政治指導者交流プログラム日本代表

  • 土浦消防団第27分団員(平成20・21・23・25年度操法大会出場)

  • 衆議院外務委員会委員、衆議院科学技術イノベーション推進特別委員会委員


  • 【座右の銘】


    • 人事を尽くして天命を待つ

    【愛読書】


    • 吉川英治
      「三国志」

    • 司馬遼太郎
      「坂の上の雲」