東日本大震災広がる支援の輪

今朝の産経新聞茨城版に私たちの活動の記事が掲載されていましたので、引用させていただきます。

■東日本大震災広がる、支援の輪 ボランティア活躍■
(2011年3月28日 産経新聞)

■タレント、市町村議から大学生まで

 東日本大震災で大きな被害を受けた地域でボランティアが活躍している。行政が募集するボランティアだけでなく、タレントや市町村議、大学生らによる独自の団体も次々と組織されている。幅広い世代が参加、県内だけでなく隣県の福島県にも支援の輪を広げる団体も登場している。(前田明彦)

                   ◇

 「何ができるか考えた。でも何も思いつかないから行ってみよう」。かすみがうら市出身のタレント、アントキの猪木さん(37)は震災直後から被災地各地の施設や避難所の慰問を続けている。

 ◆「元気ですかー」

 20日に地元、かすみがうら市の福祉施設や土浦市の避難所を訪問。23日には福島県いわき市南部の湯本高校や藤原小学校を訪れ、「元気ですかーっ!!」と、被災者を激励した。両校には、原発事故による屋内退避の指示が出た同市北端の久之浜町の住民らが避難していた。

 アントキの猪木さんによると、所属事務所の芸人らも「支援をしたい」と話しており、今後も支援の輪が広がりそうだ。

 ◆「阪神」の恩返し

 阪神大震災を経験した神戸市民からの救援物資は茨城空港(小美玉市)を通して届けられた。

 スカイマークの茨城-神戸便が就航する同空港に23日午前、パンや生活物資を詰めた段ボール8箱が運ばれた。中には、「避難所生活が1週間もたつと、爪切りや耳かきが必要になってくる」と経験に基づいた細かい生活用品も入れられていた。

 同空港に待機していたボランティアは津波被害の大きかった北茨城市やいわき市へ向かい、地元ボランティアや民生委員と連携して各家庭に配布。物資運搬に尽力した水戸市の川崎篤之市議(33)は「阪神大震災で被災した神戸の人たちが『恩を返す』と支援してくれた。この空港が神戸の思いを茨城につないでくれた」。

 ◆独自組織が連携

 県内には、震災で損壊した家屋の片付けの手伝いや断水地域で家庭に給水タンクを届けるなどの活動を行う独自のボランティア組織が続々と立ち上がっている。

 茨城大、常磐大などを中心とした学生ボランティア「がんばろう茨城!」を指揮するNPO法人職員の藤田崇文さん(25)らは北茨城市、高萩市のボランティアと連携。現地の状況を確認したうえで飲料水、乳幼児や大人用のオムツなどを届けた。被災した地域や各家庭を回って活動することでこまやかな支援を実現した。

 また、高萩市春日町では地元商店街の有志が協力してボランティアチームを結成。ガソリンが足りないなか、自転車やバイクで地元を回る。高齢者の家庭に水を届け、がれきを撤去するといった活動を続けている。

同じカテゴリー(東北地方太平洋沖地震土浦市関連情報)の記事画像
宮城県の災害廃棄物処理(がれき処理)の現状視察①
塩屋岬周辺(いわき市豊野)被害状況
再びいわき炊き出し
あっそういえば
JA直売所にて
いわき市報告。
みんな美味しいって言ってくれました。
いわき湯本の避難所にて炊き出し
同じカテゴリー(東北地方太平洋沖地震土浦市関連情報)の記事
 宮城県の災害廃棄物処理(がれき処理)の現状視察① (2012-05-24 23:57)
 JR常磐線の運行状況の続きの続き (2011-04-11 22:05)
 土浦市水道復旧 (2011-04-11 21:49)
 現在の土浦市水道状況 (2011-04-11 20:08)
 橋本知事から国に対して要請 (2011-04-05 21:19)
 塩屋岬周辺(いわき市豊野)被害状況 (2011-04-04 00:14)
 再びいわき炊き出し (2011-04-03 17:37)
 つくばエクスプレス4月4日以降運行状況 (2011-04-01 20:43)
Posted by 青山大人 at 2011年03月28日 18:53│Comments(0)東北地方太平洋沖地震土浦市関連情報
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
コメントフォーム
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
QRコード
QRCODE
プロフィール
青山大人

【略歴】


  • 1979年1月茨城県土浦市生まれ

  • 荒川沖小学校、土浦第三中学校(陸上部主将)、県立土浦第一高校卒業(平9/第49回卒)

  • 慶應義塾大学経済学部卒業

  • 2006年27歳で茨城県議会議員初当選(10,905票、当時全国最年少の都道府県議会議員)

  • 2010年、茨城県議会議員2期目当選(13,290票・31歳)

  • 2014年、第47回衆議院議員総選挙において85,120票を獲得するが茨城県第6区、比例北関東ブロックともに次点

  • 2017年、第48回衆議院議員総選挙において96,987票を獲得するが茨城県第6区で次点、比例北関東ブロックで当選

  • 第21回日米青年政治指導者交流プログラム日本代表

  • 土浦消防団第27分団員(平成20・21・23・25年度操法大会出場)


  • 【座右の銘】


    • 人事を尽くして天命を待つ

    【愛読書】


    • 吉川英治
      「三国志」

    • 司馬遼太郎
      「坂の上の雲」