新潟富山視察(総務企画委員会)

7月27日から29日まで、県議会総務企画委員会で新潟、富山へ視察に行きました。まずは、新潟県庁へ。新潟県では4年前の平成19年7月、中越沖地震により、原子力発電所が立地している地域の被災で、宿泊客のキャンセルが県内全域で広範に発生。特に時期的に、夏の観光シーズンと重なったため風評に伴う被害が発生(因みに海水浴客は対前年比半減。391万人→200万人)。その時の対策を今後の茨城県政の施策に生かそうとのことです。

新潟県庁の担当者の「県民やマスコミに正確な情報を提供。その地道な積み重ねが重要。安心、安全という言葉を使わない。数値を示しながら、客観的なデータの提供。良い数値も悪い数値もすばやく提供することが大事」との説明が印象に残りました。また震災後、NHKの大河ドラマ天地人のロケもあり、平成19年に6万8千人まで落ち込んだのが、2年後には7万4千人まで回復したとのことです。

二日目は、観光カリスマで新潟県議の矢野学さん(元町長)から上越市の田舎体験事業について説明を頂きました。田舎体験事業についてよりも、矢野さんの町長時代のお話や合併の時の話が興味深かったです。上越市は全国初の区選制をとっているそうです。平成17年、人口13万の上越市に周りの13町村が合併したため、合併後の行政サービスの低下が問題となっているそうです。現在では、行政機能を担うNPOを立ち上げ、市から委託を受けて住民サービスを代行するシステムを取っているようです。
視察先の雪だるま財団では、「雪」を資源ととらえ、ポジティブな発想で、雪をエネルギーととらえ経済活性化へ結ぶつける取り組みもしております。写真は雪冷房です。


Posted by 青山大人 at 2011年07月31日 17:10│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
コメントフォーム
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
QRコード
QRCODE
プロフィール
青山大人

【略歴】


  • 1979年1月茨城県土浦市生まれ

  • 荒川沖小学校、土浦第三中学校(陸上部主将)、県立土浦第一高校卒業(平9/第49回卒)

  • 慶應義塾大学経済学部卒業

  • 2006年27歳で茨城県議会議員初当選(10,905票、当時全国最年少の都道府県議会議員)

  • 2010年、茨城県議会議員2期目当選(13,290票・31歳)

  • 2014年、第47回衆議院議員総選挙において85,120票を獲得するが茨城県第6区、比例北関東ブロックともに次点

  • 2017年、第48回衆議院議員総選挙において96,987票を獲得するも茨城県第6区で次点、しかし比例北関東ブロックで当選

  • 第21回日米青年政治指導者交流プログラム日本代表

  • 土浦消防団第27分団員(平成20・21・23・25年度操法大会出場)


  • 【座右の銘】


    • 人事を尽くして天命を待つ

    【愛読書】


    • 吉川英治
      「三国志」

    • 司馬遼太郎
      「坂の上の雲」