まだまだ続く被災地支援。(自転車プロジェクト)

先日、土浦市や土浦市自転車組合さんの協力を得て、市内の放置自転車を再整備して、宮城県名取市にある宮城県農業学校の生徒たちへ50台寄贈してきました。宮城県農業高校は、津波により校舎が使えなくなり、現在は県内の3つの高校へ分かれて生徒たちが通っております。9月の新学期にあわせ、駅から約10㎞のところへ仮校舎ができるそうです。ただ、生徒たちが通学に使う自転車が不足しているとのことです。
まだまだ続く被災地支援。(自転車プロジェクト)
搬出場所の名取市役所へ到着すると、先生や生徒たちに迎えられました。青山の右側に写っているのが、土浦市役所から一緒に来てくれた、土浦市役所職員の塩畑さんと池嶋さん。そして右端に写っているのが、支援物資を提供してくれた㈱アイメタルテクノロジーの柴崎さん。
まだまだ続く被災地支援。(自転車プロジェクト)
まだまだ続く被災地支援。(自転車プロジェクト)
子供たちの笑顔が嬉しいです。写真の右端に写っているのが、宮城県名取市から自転車が欲しいとの話を聞き、今回の自転車プロジェクトを一緒に立ち上げた東レの浅野さん。

まだまだ続く被災地支援。(自転車プロジェクト)
今回提供した自転車には土浦市から寄贈されたことがわかるように先生たちがステッカーを作ってくれました。

まだまだ続く被災地支援。(自転車プロジェクト)
まだまだ続く被災地支援。(自転車プロジェクト)
それぞれが気に入った自転車にまたがり、笑顔で帰っていきました。

まだまだ続く被災地支援。(自転車プロジェクト)
白石校長先生と震災時の状況やこれまでのこと、そして今後のことなど色々なお話を伺いました。私自身も3月の震災以来、東北3県へ支援に行くのが、これで6回目ですが、まだまだ厳しい状況です。今後も土浦市民の代表としてできる限りの支援を続けていきます。

Posted by 青山大人 at 2011年08月04日 20:30│Comments(1)
この記事へのコメント
私も仙台市に6年間お世話に・・知り合いもおり震災については心痛めております(宮城沖地震経験有り) この度の放置自転車~FAX届きました。お疲れ様でした。それぞれが出来ることから・・・ですね。ブログ歴数日なので、迷惑かけたらごめんなさい。熊でした。
Posted by わたのみ at 2011年08月17日 15:58
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
コメントフォーム
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
QRコード
QRCODE
プロフィール
青山大人

【略歴】


  • 1979年1月茨城県土浦市生まれ

  • 荒川沖小学校、土浦第三中学校(陸上部主将)、県立土浦第一高校卒業(平9/第49回卒)

  • 慶應義塾大学経済学部卒業

  • 2006年27歳で茨城県議会議員初当選(10,905票、当時全国最年少の都道府県議会議員)

  • 2010年、茨城県議会議員2期目当選(13,290票・31歳)

  • 2014年、第47回衆議院議員総選挙において85,120票を獲得するが茨城県第6区、比例北関東ブロックともに次点

  • 2017年、第48回衆議院議員総選挙において96,987票を獲得するも茨城県第6区で次点、しかし比例北関東ブロックで当選

  • 第21回日米青年政治指導者交流プログラム日本代表

  • 土浦消防団第27分団員(平成20・21・23・25年度操法大会出場)


  • 【座右の銘】


    • 人事を尽くして天命を待つ

    【愛読書】


    • 吉川英治
      「三国志」

    • 司馬遼太郎
      「坂の上の雲」