47位①

先日、県議会総務企画委員会において、「いばらきのイメージアップに係る現状、課題及び今後の展開」という議題で議論が行われました。

先日、民間の調査会社が実施した地域ブランド調査なるもので、茨城県が「魅力度」で3年連続最下位(47位)という結果になってしまいました。過去、この地域ブランド調査の結果が出るたびに、県議の中にもこのことを気にされる方もおり、本会議の一般質問で取り上げる方もいました。ただ、私自身はこの地域ブランド調査自体の意味合い(調査方法も含めて)に非常に疑問を持つ一人であります。

茨城県の「魅力度」が低い=観光客が少ないと結びつけてよく議論されますが、そもそもこの地域ブランド調査の「魅力度」の順位が上がったところで、茨城県への観光客が格段に増えるとは思えません。「魅力度」のトップ10を見てみると、北海道、京都府、沖縄、東京、奈良、神奈川、大阪、長野、兵庫、福岡といった、そもそも観光地や大都市といえるところが上位を占めていることが見てわかります。

むしろ、このブランド調査を県政に活用するのであれば、調査項目の詳細の中で、「学術芸術のまち」、「IT・先端技術のまち」、「教育・子育てのまち」といった茨城県が上位に位置づけられている、客観的に評価されている強い分野に今後も茨城県がより力を入れていくべきと判断する一つの材料だろうか。(因みに「住民参加のまち」で茨城県が全国11位となっていることからもこの調査がいまいち信憑性に欠けると感じる)

いずれにせよ、現在、そして今後の茨城県のイメージアップ戦略の取り組みを見ていると、観光に特化したものが多く感じられる。そこで私はあえて県外からの茨城県への定住人口増加のためのイメージアップ戦略に特化すべきと主張させて頂きました。

というのも東日本大震災があった3月から7月末までの5か月間で、茨城県の人口が1万179人減少してしまったからです。(因みにその内、外国人が3118人と全体の3割。昨年1年間の人口増減数は4541人減)日本が人口減少社会に入ったと言われている中で、茨城県が全国に先駆けて人口増加のモデルケースになる戦略を展開していきたいと思います。


同じカテゴリー(茨城県政)の記事画像
2期目任期中最後の議会終了
土木委員会
議会スタート
日本一のサイクリングコース
ベトナム訪問最終日
ベトナム訪問4日目
ベトナム訪問3日目
ベトナム訪問2日目
同じカテゴリー(茨城県政)の記事
 2期目任期中最後の議会終了 (2014-11-15 11:26)
 土木委員会 (2014-11-08 10:21)
 議会スタート (2014-10-31 18:30)
 日本一のサイクリングコース (2014-10-30 10:02)
 ベトナム訪問最終日 (2014-10-10 09:57)
 ベトナム訪問4日目 (2014-10-09 09:12)
 台風被害への対応 (2014-10-08 10:45)
 ベトナム訪問3日目 (2014-10-08 10:40)
Posted by 青山大人 at 2011年11月14日 08:25│Comments(0)茨城県政
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
コメントフォーム
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
QRコード
QRCODE
プロフィール
青山大人

【略歴】


  • 1979年1月茨城県土浦市生まれ

  • 荒川沖小学校、土浦第三中学校(陸上部主将)、県立土浦第一高校卒業(平9/第49回卒)

  • 慶應義塾大学経済学部卒業

  • 2006年27歳で茨城県議会議員初当選(10,905票、当時全国最年少の都道府県議会議員)

  • 2010年、茨城県議会議員2期目当選(13,290票・31歳)

  • 2014年、第47回衆議院議員総選挙において85,120票を獲得するが茨城県第6区、比例北関東ブロックともに次点

  • 2017年、第48回衆議院議員総選挙において96,987票を獲得するも茨城県第6区で次点、しかし比例北関東ブロックで当選

  • 第21回日米青年政治指導者交流プログラム日本代表

  • 土浦消防団第27分団員(平成20・21・23・25年度操法大会出場)


  • 【座右の銘】


    • 人事を尽くして天命を待つ

    【愛読書】


    • 吉川英治
      「三国志」

    • 司馬遼太郎
      「坂の上の雲」