ベトナム訪問2日目


ベトナム訪問2日目は、チュオンタンサン国家主席はじめ、カオドゥックファット農業農村開発大臣、グェンヴァンチュン計画投資副大臣などとの意見交換会やフォーラム、日本ベトナム友好協会茨城県連合会の皆様主催の昼食会、さらには茨城の企業と現地企業との商談会などを行いました。

国家主席や大臣はじめ政府要職の皆様が、私たち茨城訪越団に寄せる期待の大きさをひしひしと感じます。茨城県についてとても勉強しております。茨城県から農業分野を中心に技術や仕事のやり方を学び、ご指導いただきたいとのことで、今回の訪越団のスケジュールをとてもタイトに組んだことをご理解頂きたいと言われたのが印象的でした。

さて、ベトナムは全人口9千万人のうち、6千万人が農業従事者であり、そのうち2500万人が農業労働者であるとのことです。農業はGDPの約20%でありますが、政府は農業を重視しており、海外からの農業投資案件は最優先の優遇政策の適用対象となっているそうです。

ベトナムは南北3千キロなので、風光明媚で、農林水産業が幅広く展開されております。米、コーヒー、お茶、ゴム、畜産では豚、牛、水牛などで、えびなど水産物の養殖加工も盛んであるとのことです。食料自給率が高いので農産物を積極的に輸出しており、2014年見込みでは年間300億ドルの輸出となる見込みであり、米の輸出は800万tにものぼるそうです。

ただし、農産物の輸出量は多いが質が低いのが課題であり、未加工のままの原料輸出がほとんどであります。そこで、茨城と協力してよりよい品種開発し、国内で供給したり、国内で付加価値を付けて輸出したい考えを持っております。例えば、現在、年間、150万tのコーヒーを輸出しているが未加工の豆、100万tのゴムも原料のまま輸出しているため、ゴムの原料は輸出しているのに、ゴムで作ったタイヤは輸入しているというのが現状であるそうです。そういった現状を踏まえ、海外からの農業投資案件について行政の支援はおしまないそうです。

因みに今回の訪問を契機に、新しくホーチミンにオープンするあるレストランでは常陸牛を扱うことを決めたみたいです。

繝吶ヨ繝翫Β險ェ蝠�2譌・逶ョ繝サ1

繝吶ヨ繝翫Β險ェ蝠�2譌・逶ョ繝サ2

繝吶ヨ繝翫Β險ェ蝠�2譌・逶ョ繝サ3

繝吶ヨ繝翫Β險ェ蝠�2譌・逶ョ繝サ4

繝吶ヨ繝翫Β險ェ蝠�2譌・逶ョ繝サ5



同じカテゴリー(今日の青山大人)の記事画像
国会最終日
夏祭り到来!
犬猫殺処分ゼロをめざして
児童虐待防止に向けての取り組み
自転車議連・青空総会レポ
土浦商工会議所青年部から海外へ向けて
朝活は地元の荒川沖駅西口
つくばエクスプレスで国会へ
同じカテゴリー(今日の青山大人)の記事
 国会最終日 (2018-07-20 12:00)
 夏祭り到来! (2018-07-17 16:00)
 犬猫殺処分ゼロをめざして (2018-07-11 17:00)
 児童虐待防止に向けての取り組み (2018-06-27 11:00)
 自転車議連・青空総会レポ (2018-06-26 12:00)
 土浦商工会議所青年部から海外へ向けて (2018-06-22 09:00)
 朝活は地元の荒川沖駅西口 (2018-02-13 11:08)
 つくばエクスプレスで国会へ (2017-12-07 14:15)
Posted by 青山大人 at 2014年10月07日 09:52│Comments(0)今日の青山大人県政
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
コメントフォーム
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
QRコード
QRCODE
プロフィール
青山大人

【略歴】


  • 1979年1月茨城県土浦市生まれ

  • 荒川沖小学校、土浦第三中学校(陸上部主将)、県立土浦第一高校卒業(平9/第49回卒)

  • 慶應義塾大学経済学部卒業

  • 2006年27歳で茨城県議会議員初当選(10,905票、当時全国最年少の都道府県議会議員)

  • 2010年、茨城県議会議員2期目当選(13,290票・31歳)

  • 2014年、第47回衆議院議員総選挙において85,120票を獲得するが茨城県第6区、比例北関東ブロックともに次点

  • 2017年、第48回衆議院議員総選挙において96,987票を獲得するも茨城県第6区で次点、しかし比例北関東ブロックで当選

  • 第21回日米青年政治指導者交流プログラム日本代表

  • 土浦消防団第27分団員(平成20・21・23・25年度操法大会出場)


  • 【座右の銘】


    • 人事を尽くして天命を待つ

    【愛読書】


    • 吉川英治
      「三国志」

    • 司馬遼太郎
      「坂の上の雲」