臨時国会がもうすぐ始まる

10/24から臨時国会が始まります。夕刻、ふと見ると、いつもは点灯していない議事堂中央棟の上の階に明かりがついています。写真で見えますか。5つ程並んだ窓のところです。


陛下が開会式に通られる中央広間があの中には広がっています。係りのかた達が準備作業をされているのでしょうか。開会期日が近づいてきたことを実感します。
皆様の代弁者として、青山も気を引き締めてがんばって参ります。いつもご支援ありがとうございます。

実際に何が起きているのか、国会に興味を持っていただく小さなきっかけになるようにと思って、いつも記事を更新しています。
政治の現場の端くれにいる者、議員を毎日見て支えている者ゆえに、今いる場所からきちんと発信できる内容があると思っています。

と、思わず熱が入ってしまいました。日が暮れ、議事堂の明かりが濃くなってきました。まだ灯っています。  

国会あれこれ

秘書某です。忙しくてブログ更新ができません。書こうと思っているトピックはあるのですが。
さて、茨城新聞に毎週末、翌週の国会議員の動静予定が掲載されます。
各事務所から情報を新聞社に毎週金曜日に提供するのですが、もちろん文字数制限があります。ですから、こちらも相当絞り込みをかけています。分刻みのスケジュールをそのまま載せたら、議員の動静予定だけで新聞紙面が埋まるでしょう。合理的理由に基づく簡潔な動静欄です。
国会議員は動静予定に書かれてある予定しかないの?、とシンプルな疑問を持たれたそこの貴方。安心してください、そんなことありません。
臨時国会の開会日もどうやら24日?との話。今年もあと2か月。今年は自分はどう成長できたかな、と振り返る秘書某であります。
  

アフリカ女性の経済的自立について勉強会

国会にて、UN women日本事務所(国連ウィメン日本協会)主催の勉強会へ出席。「アフリカにおける女性の経済的自立に向けて」と題して、セネガル出身のUN women西・中央アフリカ地域事務所副代表のウリマタさん、ボツワナ出身のアフリカ市民協議会代表のマウンゴさんのお話を聞く。国連ウィメン日本協会の活動に興味を持っていたのでいい機会を頂きました。(青山は下写真右から1人め)


  

強風の影響で

先日の強風の影響については、青山事務所のfacebookやブログでも記事()にしていましたが、農業への被害状況について茨城県副知事から説明と要請を受け、対応に動いています。
10月1日の台風24号で茨城県は農林水産業で大きな被害が発生しました。
茨城県副知事が上京し、国会へ被害状況を説明。4日時点で農作物被害が約7億7千万、農業用施設被害で約1億7千万円とのことです。現在、担当省庁では全国の被害状況を調査中。全国でも農業用施設被害が大きいため、再建、修繕に向けて支援が必要。早速、党へ被害対策の部会を開くことを要請しました。


  

風吹きすさぶ…

先週末は残念ながら土浦花火大会が天候の影響で中止となりました。風に流された花火玉により負傷された方々の一刻も早い回復を願います。
秘書某は初めて知りましたが、土浦花火大会は1925年に市内の住職が私財を投げ打って始めたものだそうです。1936年に完成した国会議事堂よりも古い歴史を持っています。
花火大会は毎年の恒例行事になっているとはいえ、中止となると一抹の寂しさがありました。8月も終わると河川敷には桟敷席を建設するための資材が積まれ、残暑の中、草刈機が土手を行き着々と準備が進んでいました。
安全第一はもちろん、来年は天候にも恵まれ万全の態勢で開催されることを願います。
(写真は議員会館の事務所の掲示から)

  

QRコード
QRCODE
プロフィール
青山大人

【略歴】


  • 1979年1月茨城県土浦市生まれ

  • 荒川沖小学校、土浦第三中学校(陸上部主将)、県立土浦第一高校卒業(平9/第49回卒)

  • 慶應義塾大学経済学部卒業

  • 2006年27歳で茨城県議会議員初当選(10,905票、当時全国最年少の都道府県議会議員)

  • 2010年、茨城県議会議員2期目当選(13,290票・31歳)

  • 2014年、第47回衆議院議員総選挙において85,120票を獲得するが茨城県第6区、比例北関東ブロックともに次点

  • 2017年、第48回衆議院議員総選挙において96,987票を獲得するも茨城県第6区で次点、しかし比例北関東ブロックで当選

  • 第21回日米青年政治指導者交流プログラム日本代表

  • 土浦消防団第27分団員(平成20・21・23・25年度操法大会出場)


  • 【座右の銘】


    • 人事を尽くして天命を待つ

    【愛読書】


    • 吉川英治
      「三国志」

    • 司馬遼太郎
      「坂の上の雲」