平成25年度第2回県議会開会。

本日から平成25年度第2回県議会が始まりました。今回、議会に提出された議案は条例の改正が7件、県有財産の処分が2件、報告が1件であります。条例の改正は地方税法改正に伴うものが主なものであり、報告は、平成24年度の一般会計等の歳入が確定したことなどに伴う予算の補正などであります。

会議に先立ち、知事から議案の説明などがありました。その冒頭、5月23日に東海村にあるJ-PARCで発生した放射性物質漏えい事故についての報告がありました。微量とはいえ、排気ファンを作動させ、管理区域外に放射性物質を拡散させてしまったという不適切な対応はもちろんですが、県に対する連絡が発生から一日半近くも遅れたことも大きな問題であります。

議会とは別に、事業者から私たち民主党県議団に事件の経過や今後の対応について説明に来られたので、私の方からは、「いくら人体に影響がない程度の微量なものとは言え、県民からすれば、原子力発電の事故も実験施設の事故も放射性物質という点から危険に思うのは当然である。県民の皆様に大きな不安を与えたことの重大さをきちんと認識してほしい」と伝えました。

改めて私たち会派から、①事故の原因を徹底的に究明し、施設の安全対策に万全を期すこと。②放射性物質を安易に管理区域外に放出してしまった経緯等についてしっかりと検証し、安全管理体制の抜本的な改善を図ること。③事故発生時における通報連絡体制の抜本的な見直しを行うこと。④住民の不安を払しょくするため、情報公開と丁寧な説明に努めること。という4点の緊急要請書をJ-PARCを運営する高エネルギー加速器研究機構と日本原子力研究開発機構に対して提出いたしました。先方からきちんとした回答が来ることを期待しております。

放射性漏えい事故の話ばかりになってしまいました。続きは明日以降で。  

Posted by 青山大人 at 2013年06月05日 23:55Comments(0)茨城県政

一般質問が始まりました。

県議会では昨日から一般質問が始まりました。知事に対して原子力政策に関する質問が二三出ました。

知事は依然と同様、安全確保を大前提とした上で、地元の合意が得られるところは動かす、条件が満たされないところは止める「減原発」が望ましいとの考え。

仮に東海第二発電所を再稼働した場合のメリットとデメリットについてどう考えるかとの質問については、メリットについては、二酸化炭素が発生しないエネルギー源として、地球温暖化の防止や電力の安定供給に資すること、地球経済への寄与などが挙げられ、デメリットについては、福島と同様の事故が万が一起きた場合をイメージすることにより、子供を持つ親をはじめ、県民の不安や、そのような不安感による人口への影響、首都圏の食糧基地である茨城の農業への影響などが懸念される。また、使用済燃料の処理、処分の方針が決まっていない中で、新たな使用済燃料の発生といったこともある。

今日も引き続き議会運営委員会、一般質問です。  

Posted by 青山大人 at 2013年03月07日 09:13Comments(0)茨城県政

県議会最終日。

今日は県議会最終日でした。

たくさんの皆様から頂いた声をもとに、平成25年度予算編成に向けた最重点課題として、東日本大震災からのさらなる復興や原子力安全防災対策関係をはじめ、生活者の視点に立ち、公正な政治、未来の日本を担う子どもたちが健やかに成長できるような生活大県を目指すという理念の下、908項目を知事へ要望しました。

また、総選挙にて厳しい審判を受けたことに対して私たちはその結果を真摯に受け止め、もう一度原点に立ち返り新たな一歩を踏み出していかねばなりません。  

Posted by 青山大人 at 2012年12月21日 23:00Comments(0)茨城県政

平成24年第4回県議会定例会が始まりました。

昨日から平成24年第4回定例県議会が始まりました。まず知事から、議案説明や報告がありました。その中で青山なりに2点上げると、

・10月31日に新たに発足した国の原子力規制委員会において、原子力災害対策指針が策定された。これに対応するため、県では、緊急時防護措置を準備する区域の範囲設定、情報収集、連絡体制や物資の備蓄輸送体制の整備などについて検討を進めていて、来年3月までに県の地域防災計画原子力災害対策計画編を改定していくとのこと。
・11月末現在、県内に12市町の13ヶ所において計3213トン保管されている「放射性セシウムが1㎏あたり8000ベクレルを超える廃棄物」のうち指定廃棄物とされた物の最終処分場については、国の方針を確認しながら、地元の意向を踏まえ適切な対応をしていきたいとのこと。

以上です。さて、今回提出された議案は予算の補正に関するもの2件、条例その他が55件、報告が1件です。条例案の中に、今年度末で切れる森林湖沼環境税をもう5年間延長する改正条例案が入っております。これまでの5年間の使い方に納得いかないところもあるので、仮に5年延長しようというのであれば、施策の変更を求めていきたいと思います。  

Posted by 青山大人 at 2012年12月07日 16:09Comments(0)茨城県政
QRコード
QRCODE
プロフィール
青山大人

【略歴】


  • 1979年1月茨城県土浦市生まれ

  • 荒川沖小学校、土浦第三中学校(陸上部主将)、県立土浦第一高校卒業(平9/第49回卒)

  • 慶應義塾大学経済学部卒業

  • 2006年27歳で茨城県議会議員初当選(10,905票、当時全国最年少の都道府県議会議員)

  • 2010年、茨城県議会議員2期目当選(13,290票・31歳)

  • 2014年、第47回衆議院議員総選挙において85,120票を獲得するが茨城県第6区、比例北関東ブロックともに次点

  • 2017年、第48回衆議院議員総選挙において96,987票を獲得するも茨城県第6区で次点、しかし比例北関東ブロックで当選

  • 第21回日米青年政治指導者交流プログラム日本代表

  • 土浦消防団第27分団員(平成20・21・23・25年度操法大会出場)


  • 【座右の銘】


    • 人事を尽くして天命を待つ

    【愛読書】


    • 吉川英治
      「三国志」

    • 司馬遼太郎
      「坂の上の雲」